読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早期リタイアして世捨て人になる

早期退職実現に向けて妄想するブログです

レンタルMOBIKE(摩拜単車)に乗ってみた

f:id:zhizuchangle:20170514144354j:plain

中国のMobike(摩拜单车)は、台湾で言うところのYouBike(微笑単車)だ。

台湾のYouBikeはステーションで借りて最寄りのステーションに返さないといけないが、Mobikeは近くにあればどこででも借りられて、ほぼどこででも乗り捨てられる。

準備

3月に上海に行ったとき、地下鉄の駅から目的地へ行くのに、歩くよりこの自転車を借りられたら便利だなと思って、ホテルに帰ってから登録をした。

登録は、スマホにアプリをダウンロードして行う。

  • 認証のため、中国の携帯番号が必要。
  • 決済手段として、支付宝か微信支付が必要(デポジット299元)。
  • 外国人はパスポートの写真とパスポートを持った本人写真をアップロード

デポジットを払えばすぐ使えると思っていたのだが、パスポート写真と本人写真をアップロードするのでチェックに人手を介するようで、承認されるのに1日かかった。

結局、翌日午後までに承認されず、レンタルすることはできずに帰国。

このため、デポジットだけ払った状態で2ヶ月放置状態だったのだが、ようやく利用する機会がやってきた。

 

車両は2タイプあるようで、Mobikeが1元/30分、Mobike Lightは0.5元/30分。

安いので、近くにあればどっちでもいい。

利用するためには、チャージしておかないといけないので、支付宝を使って最低の10元をチャージしておいた。

早速、トラブル

2ヶ月も放置していたせいもあり、いざ利用しようとして2点トラブった。

まず、ステータスが完了していたはずが、proceed(進行中)になっていた。

ログインしたままずっと放置していたためらしく、ログアウトして電話番号でもう一度認証したら完了に変わった。

 

次に自転車に乗るとき、スマホ画面のUnlockを押してカメラを起動し、自転車についている二维码を読み取らないといけないのだが、Unlockを押してもカメラが起動しない。

どうやら誤ってスマホの設定で、カメラ起動を不許可にしてしまったらしい。

どこから設定するかわからないので、アンインストールしてもう一度インストールし直したら起動するようになった。

いざ、初試乗

アプリを立ち上げて、近くにあるMobikeを探す。

Mobikeは赤丸の自転車マーク、Mobike Lightは白丸だ。

他の人が予約した自転車は盾のようなマークになっていて予約できない。

f:id:zhizuchangle:20170515210643p:plain

自転車マークをクリックして15分予約状態にすることができる。

近くまで行って自転車が見つからなかったら、スマホ画面のRingを押すと自転車が鳴って位置を教えてくれる(便利すぎる!)。

予約できるのは1日5回まで。

私は上に書いたトラブルで、当初Unlockできない理由がわからず、予約とキャンセルを繰り返してしまったので上限に達して予約できなくなった (´ω`)

f:id:zhizuchangle:20170515211436p:plain

予約の上限に達しても、直接レンタルすることはできる。

Mobikeを見つけたら、スマホ画面のUnlockを押してカメラを起動し、自転車の後部に貼られている二维码を読み取ればいい。

f:id:zhizuchangle:20170515212728j:plain

他の人に予約されていなければ、カチャンと音がしてロックが自然に外れてレンタル開開始だ。

f:id:zhizuchangle:20170515212322p:plain

自転車を返す時は、一番上の写真のような歩道上の白枠で囲まれた駐輪エリアに止めて、手でロックすればOK。

Mobikeアプリが立ち上がるので、駐輪した写真で撮って送信する。

撮らなくてもいいのかもしれないけど、私はちゃんと駐輪エリアに停めたよっていう証拠として送っておいた。

解約

2回乗ったが、どちらも Mobikeだったうようで、残り8元になった

f:id:zhizuchangle:20170515214314p:plain

My Walletを押して、下の画面のRefund depositを押せば解約手続きができる。

まだ使う予定なので、この先には進んでいない。

f:id:zhizuchangle:20170515221958p:plain

My Tripsを押すと乗った経路がわかる。

朱家角からバスで帰ってきて、人民公園南から豫園の地下鉄まで乗った経路が記録されている。

f:id:zhizuchangle:20170515214301p:plain

感想

超便利!これは台湾のYouBike以上に便利。

近くにあればどこでも借りられて、どこでも乗り捨てられるのはとても手軽だ。

地下鉄駅やバス停から目的地まで行くのに使える。

 

でも交通量が多く、自転車専用道が整備されていないところで乗るのは危険だ。

日本と違って車優先なので、周囲の状況を常に気を配ろう。

 

それにしても中国のスマホ文化の充実ぶりは目をみはるばかり。

微信、摩拜单车、滴滴出行、团购、途家など、中国に行くたびに試してみたくなるサービスがいっぱいある。

もう日本は中国には敵わないね。 

おまけ

MOBIKE以外にも、いろいろなレンタル会社が乱立しているようで、街中ではいろんなレンタル自転車を見かけた。

f:id:zhizuchangle:20170510234611j:plain

f:id:zhizuchangle:20170510234612j:plain

水郷の街、朱家角でエセ坊主の術中にはまる

HSBC Chinaでの口座開設が思ったより早く終わったので、朱家角に行ってみることにした。

上海博物館の南側から沪朱高速快线という高速バスが出ている。

行くと何十人も並んでいたが、バスが2台すぐにやってきたので、後から来たバスにすぐに乗れた。

高速を走るからなのか、立っては乗れないようだ。

車掌が加班車だから12元と言っていた。

平日だったらもう少し安いのだろうか。

他の人が交通カードで2元とお金で10元を払っているのを見て同じように払った。

市内の道路は混んでいたが、市内を抜けると空いていて1時間ほどで朱家角のバス停に着いた。

f:id:zhizuchangle:20170514194543j:plain

この建物の奥がバスターミナルになっている。f:id:zhizuchangle:20170514194650j:plain

バスターミナルを出たらすぐに水郷の街が広がっているわけではなかった。

他の乗客はトイレに行っている間にいなくなっていた。

バスの行き方を調べて来ただけだったので、どこへ行けばいいのかわからない。

輪タクシーが客引きをしていて20元というので、それぐらいならいいかと思って値切りもせず、観光エリアの方へ乗せていってもらった。

f:id:zhizuchangle:20170514194545j:plain

適当なところで下ろしてもらって、後は歩いて回る。

f:id:zhizuchangle:20170514194549j:plain

f:id:zhizuchangle:20170514194552j:plain

魚療が30分10元というので、やってみた。

足を入れるといっせいに寄ってきて、パクパクやるのでくすぐったい。

最初に足を入れた時が一番食いつきがよかった。

f:id:zhizuchangle:20170514194554j:plain

土曜日だったが、激混みというほどではなかった。

これくらいの混み具合がちょうどいいね。

f:id:zhizuchangle:20170514194601j:plain

城隍庙というお寺があったので入ってみる(入場料10元)。

入口で願い事を書く紙を買うよう勧められるが、やり方が分からないと言ってスルー。

f:id:zhizuchangle:20170514194602j:plain

f:id:zhizuchangle:20170514194606j:plain

境内で写真を撮って出ようとすると呼び止められて、線香を渡された。

頭の中で少し警戒シグナルが出たのに無視したのがいけなかった。

線香を供えると、次はお神籤を引くように言われたので、引くと端にいるお坊さんのところに持って行くように言われた。

『志气勤业在朝朝,又将酒色不胜绕,皆见金鸡报君语,钱财福禄与君谋』

(志向气节每时每分都在积累,不缠绵贪图于酒色。都看见你金榜题名,功成名就,钱财福气都围绕在您身边,为您驱遣)

エセ坊主に引いたお神籤の内容を説明してもらうが、よく分からない。

さて、エセ坊主がおもむろに名簿みたいなものを出して名前を書けという。

なんだ、なんだ、今度は姓名判断か?と能天気な私 (-_-;)

よく見ると、5,6人の名前と国名が書かれていて-西洋人ばかりだったーその後ろに数字が書かれている。

それはお布施の金額で、みんな100元以上の金額が書いてあった!

ハメラレタ!と思ったが今さら払わないと言うのも大人げない (´ω`)

安易に人からタダで物はもらってはいけないという教訓を忘れていたよ。

心で泣いて、顔はにっこり笑って100と書いた。

f:id:zhizuchangle:20170514202618j:plain

f:id:zhizuchangle:20170515123428j:plain

朱家角はそんなに大きくなくて、2時間ほどで一通り歩いて回れた。

f:id:zhizuchangle:20170514194608j:plain

f:id:zhizuchangle:20170514194612j:plain

f:id:zhizuchangle:20170514194617j:plain

ホテルで朝ご飯を食べてから何も食べてなかったので、栗の粽(5元)を買って食べた。

空腹だったせいもあるが、台湾の粽と同じくらいめっちゃ美味しかった。

ちなみに業務スーパーの中国産豚ちまきは美味しくない。

f:id:zhizuchangle:20170514194624j:plain

安倍川もちみたいなもの(10元)を食べた。

ちょっと甘みが足りなかった。f:id:zhizuchangle:20170514194633j:plain

遊覧船は乗らなかった。

お布施の100元を払っていなかったら乗ったかも。

f:id:zhizuchangle:20170514194630j:plain

豆沙汤圆を3個食べる(3元×3個で9元)。

支付宝が使えたので、支付宝で払った。

f:id:zhizuchangle:20170514194643j:plain

中国にも招き猫。

f:id:zhizuchangle:20170514194646j:plain

帰りは4時前にバスに乗って、5時過ぎに上海に到着。

早めのバスにしたせいか10人くらいしか並んでいなかった。

時間があれば、夕景を見たほうが趣がありそうだ。

f:id:zhizuchangle:20170514213458j:plain

f:id:zhizuchangle:20170514213520p:plain

www.shanghainavi.com

HSBC CHINA ようやく口座開設完了

f:id:zhizuchangle:20170514150931j:plain

3月18日に上海でHSBC Chinaの口座を開設したが、キャッシュカードのパスワードを取りにいかないといけないし、ネットバンクの手続きも完了していないということで、先週バンコクから帰って若干風邪気味なのに上海へ行ってきた。

微信で上海商城支店の担当者とやり取りして

  1. まず、上海商城支店に行って、ネットバンクの手続きをする。
  2. 次に、富豪環球東亜支店に行って、キャッシュカードのパスワードをもらう。

ということになっていたが、金曜午後に念のため連絡すると、ネットバンクの手続きも富豪環球東亜支店でやってもらえるよう手配しておくから、上海商城支店は来なくていいと言ってくれた。

 

今回も春秋航空の999円セールで買った往復12,708円のチケット。

フライトスケジュールが変わって一泊二日の週末弾丸旅行ができなくなったので、残り少ない有給を半日使って金曜午後便で出発。

ところが関空夕方5時発のはずが、8時半まで3時間以上も大幅に遅れた。

浦東空港に着いたのは10時半過ぎで、急いで地下鉄の駅に行ったらもう終わってた 。

上海の終電早すぎ・・・ (´ω`)

タクシー乗り場に行くと長蛇の列だったが、タクシーが次々入って来るのであまり待たずに乗れた。

タクシーを待つ間に、ホテルに電話して、遅くなるけど勝手にキャンセルしないでと伝える。

タクシーだと市内まで200元以上かかるが、不幸中の幸い、日曜の早朝便で帰るため、空港に近い川沙のホテルを予約していたので60元ですんだ。

 

ホテルも2泊で5,394円の貧乏旅行だ。

というか、旅行じゃなくて、キャッシュカード受取のために上海まで来ただけだが。

予約では朝食は含まれていなかったが、チェックイン時に場所と時間を教えてくれたので、翌朝行ってみるとノーチェックだったので有難くいただいた。

たしかに、別料金にするほどの朝食ではなかった。

f:id:zhizuchangle:20170514153203j:plain

 

ホテルを8時過ぎにでて、地下鉄2号線に乗り、人民公園で1号線に乗り換えて衡山路で下車。

駅から銀行までは、初MOBIKEデビューしようとしたが、Unlockができず断念した。

10時に銀行が開くが、9時半に着いてしまったので、近くのホテルで時間を潰し、時間になって再度行くと既に先客が4、5人いた。

富豪環球東亜支店は週末も窓口も開いているので、私の後からも何人も客が来て割と混んでいた。

 

番号札をもらって、順番が来たら窓口に行く。

キャッシュカードとパスポートを渡して、書類にサインし、キャッシュカードの仮パスワードを発行してもらった。

仮パスワードが書かれた封がされた紙をくれるので、後でATMで自分の好きなパスワードに変更した。

 

ネットバンクの開設手続きは、上海商城支店のスタッフから某さんを訪ねるように言われていたので、受付で某さんはいますかと尋ねると、今日は休みと言われた (゚д゚)!

ゲッ!と思ったが気を取り直し、上海商城支店のスタッフから某さんを訪れるよう言われたというと、近くにいた別のスタッフがその話は聞いているといって代わりに手続きしてくれた。

 

開設手続きが終わると、再び番号札をもらって窓口に行き、ログインするための仮パスワードを発行してもらった。

先に某さんを訪ねてたら、番号札をもらって待つのは1回ですんだのかも。

スタッフが私一人ではわからないだろうと、銀行のパソコンで、ID、パスワード、リマインダーの設定を手伝ってくれた(当然、帰国して再度変更)。

10日ほどで日本の住所宛に、セキュリティーデバイスが送られてくるらしい。

全ての手続きは1時間ほどで終了し、銀行を出ると11時過ぎだった。

 

ようやくこれでHSBC Chinaの口座開設が完了。

今まで海外で口座開設した中で一番時間がかかったな。

セキュリティーデバイスが届いたら、HSBC香港から送金して中国元定期を作ってみよう ('ω')ノ

f:id:zhizuchangle:20170514163444j:plain

f:id:zhizuchangle:20170514163542j:plain

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com