読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早期リタイアして世捨て人になる

早期退職実現に向けて妄想するブログです

nanacoで住民税を払って1.2%ポイント還元

カード カード-その他

f:id:zhizuchangle:20160608224054j:plain

住民税の納税通知書が届きました。

確定申告を行なった分の追納で30万円強です。

一括支払の納付書と4回分割の納付書が同封されていました。

今年は納税額が多いので、支払を少しでも安くするためリクルートカードでチャージしたnanacoで支払うことにしました。

この仕組みを利用して、30万円のチャージで、3,600円のリクルートポイントを獲得します。

 

但し、nanacoは、以下の制限があるので手順が若干面倒です。

  1. カード本体に最大5万円、センター預かりで最大5万円、合計10万円までチャージ可。
  2. クレジットチャージはnanaco番号毎に1ヶ月間では回数で15回、合計金額で20万円迄、また1日では回数で3回迄のご利用が可能。
  3. 1回のチャージ金額は、5,000円以上、1,000円単位で29,000円まで。

 

まず、nanacoのHPリクルートカードを登録してnanacoに50,000円チャージします。

1回29,000円までなので、25,000円で2回チャージです。

チャージした段階ではセンター預りになっています。

限度額に達したのでこれ以上チャージしようとしてもエラーになります。

f:id:zhizuchangle:20160609211910p:plain

 

次にセブンイレブンに行ってセブン銀行ATMで残高確認をします。

残高確認することでセンター預りの50,000円がnanaco本体に移ります。

センター預りが0になるので、再びHPで29,000円チャージします。

私は家に帰るのが面倒なので、スマホnanacoのHPを開いてチャージしました。

これでnanaco本体50,000円、センター預り29,000円の状態です。

1日3回までなので今日はもうチャージできません。

f:id:zhizuchangle:20160609211901p:plain

 

うまい具合に分割納税は1件8万円弱だったので79,000円の残高で支払いが足ります。

最後にレジへ行って支払手続きをします。

nanaco本体には50,000円しかないので、50,000円払った後でセンター預り分29,000円をnanaco本体に移さないといけないのですが、不慣れな店員に当たるとこの処理方法がわからず手間取ります。

実際、私があたった店員は処理方法がわからず、ベテラン店員に助けを求めていました。

 

上記の作業を納付書4件分、4日間かけてやります。

nanacoは1枚につき月間チャージ20万円までという制限があるので、納付書3件目から別のもう1枚のnanacoカードにチャージするつもりです。

結構手間がかかりますが、これで1.2%還元されるのだからしないと損です。

 

リクルートカードは入会キャンペーンで8,000円相当のポイントをいただきました。

nanacoセブンイレブンのキャンペーン時に発行したので、発行手数料300円が実質無料でした。

節約は小さなことの積み重ねからですね。 zhizuchangle.hatenablog.com