早期リタイアして世捨て人になる

早期退職実現に向けて妄想するブログです

両親の介護資金

f:id:zhizuchangle:20161011182033j:plain

 

​早期リタイアを考えたときの不確定要素の一つが両親のことです。

両親が要介護になれば、有料老人ホームに入ってもらうことになると思います。

リタイアしたら私は実家に帰る予定なので、私が介護すればいいのでしょうが、下の世話とかできないし、介護のストレスにすぐ耐えられなくなると思います。

 

近くにある有料老人ホームの場合、一人月20万円ほど入居費がかかるそうです。

二人して要介護という最悪のケースの場合、両親の年金は二人で約26万なので、毎月14万円補填しなければなりません。

両親が資金を準備していればいいですが、準備していない場合は私が準備しなければなりません。

リタイアせずに長く働いて、入居費を捻出することも想定しないといけません。

 

両親がどのくらい金融資産を持っているのか、リタイアを考えるようになってからずっと気になっていました。

とは言え、親子といえども、私から尋ねることは躊躇します。

ところが、この3連休に帰省した時、母のほうから教えてくれました。

予想していたよりもずっと多かったです。

介護に十分などころか、余って遺産相続できそうです ('ω')ノ

 

共稼ぎだったとはいえ、父は田舎の小さな会社勤めだったし、母はパートだったので、二人合わせても私の収入より少なかったはずです。

それに私と姉を育てて、大学にまで行かせてくれました。

しかも投資は一切やらず、貯金だけで貯めたお金です。

にも関わらずけっこう貯めていることに驚きました。

 

年金生活の今でも年に100万円貯めているそうです。

両親が二人とも健康なら、私は啃老族(ニート)になって両親の年金で生活できます。

旅行や趣味のお金だけ自分で払えばすみます w

 

ともあれ、両親の老後資金に関しては、ほとんど心配しなくていいこと、そして私のリタイア計画には影響しないことがわかって安心しました。