読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早期リタイアして世捨て人になる

早期退職実現に向けて妄想するブログです

アプリを使った電話料金の節約

お金を節約 お金を節約-生活費見直

f:id:zhizuchangle:20170305150150j:plain

セルフバックで申し込んだクレジットカードが大量に増えたので、半年以上たったもので今後使用する予定がないカードは解約することにした。

詳細は伏せるが、まず2枚解約することにした。

zhizuchangle.hatenablog.com

コールセンターや自動応答の番号は、フリーダイヤルがあっても携帯からは不可の場合が多く、0570で始まるナビダイアルか固定電話番号にかけなければならない。

イオンモバイルの通話料は20円/30秒(40円/分)だが、ナビダイアル約10円/20秒(30円/分)と安くはない。

ナビダイアル 平日昼間 夜間・休日 深夜・早朝
全国一律料金(10円) 20秒 22.5秒 25秒

航空会社やネットバンクに電話をかけるとナビダイアルでかなり長い間待たされることがあり、待っている間も通話料がかかるのでイライラさせられる。

スマホアプリから固定電話番号にかけるほうが安いと思い、PCやスマホに入れてあるアプリでそれぞれいくらかかるのか調べてみた。

ついでに、かける可能性がある海外の地域への通話料についても調べた。

 

1.LINE Out(コールクレジット)

単位 国内 台湾 中国
固定 携帯 固定 携帯
1分 3円 14円 2円 12円 1円

国内外とも固定電話にかけるのはダントツに安い!

但し、有効期間180日のコールクレジット(240円)をプリペイドしなければならず、余った場合は無駄になる。

音質はあまりよくない。

なお、広告を見てから使用するLINE Out  Freeなら無料(1日5回)。

時間制限があるので用途は限られる。

固定 携帯
3分 1分

 

2.SMART Talk

単位 国内 海外

30秒

(1分)

8円(税別)

(16円)

8円

(16円)

後払いなので、プリペイドのように使い残して無駄になることがない。

050で始まる番号を新たに持てる上に、月額基本料金不要!

海外旅行に行く時は、携帯番号宛ではなく、050の番号宛にかけてもらうようにしておけば着信料金がかからない。

以前、両親にデータ専用SIMでSMART Talkをインストールしたスマホを持たせようと思ったが、ガラケーらくらくホンに勝てず断念した。

 

3.イオンでんわ

単位 国内 海外

30秒

(1分)

10円(税別)

(20円)

10円

(20円)

イオンモバイル専用の電話料金半額アプリ。

携帯番号をそのまま使える(相手に表示)が、相手に表示されるかどうかは気にならないのでSMART Talkの方が安くていい。

アンインストールしてもいいかもしれない。

 

4.Skypeクレジット

単位 国内 台湾 中国
固定 携帯 固定 携帯
1分 2.26円 10.81円 2.26円 8.36円 1.97円
1接続 4.82円 8.75円 4.82円 8.75円 4.82円

LINE Out同様、プリペイド方式。

クレジットの期間は180日で、Webからの購入は1,500円かかる。*1

1回かける度に通話料とは別に接続料が発生するのでLINE Outの方が安い。

PCで使っているが音質はかなりクリア。

 

両親にLINEの使い方を教えてLINE同士でやり取りするようになって、電話をかけることはほぼなくなった。

LINEクレジットを購入しても使い切れない可能性が高い。

私の場合、3分以内で済む用事ならLINE Out  Free、それ以外はSMART Talkをメインで使うのがいいようだ。

zhizuchangle.hatenablog.com

*1:期間中に利用すれば利用日から180日に延長されると書いてあるサイトがあったが真偽は不明。