おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

遅まきながら「団購」を使ってみた!

f:id:zhizuchangle:20170320124856j:plain

中国の多くのレストランやマッサージはお店で直接注文するより、ネットの団購サイトで購入した方が安くなる。

団購はもともと大勢で買って安くする意味だが、ネットでレストラン等の割引クーポンを購入することも言い、何人以上集まらないといけないかは関係ない。

私の中国語のオンラインスクールの先生は若い女性で、授業はフリートークなのだが、彼女がよく団購の話をする。

中国語だけでなく、中国のネットサービスに関しても私のよき先生だ。

彼女は外食したり映画を見に行く時は、必ず団購をチェックして、ネットで買ってから店に入るそうだ。

話を聞いて一度利用してみたいと思っていたが、決済したのに店で確認できなかったら不安で、これまで使ったことがなかった。

 

今回、初めてマッサージ店で使ってみたが、不安は全く杞憂だった。

先生によれば、団購サイトによって、同じ店でも金額が違うことがあるそうで、「美団」や「糯米」の複数の団購アプリで比較しているということだった。

私は複数のアプリを入れたくないので、微信からリンクしていた「大衆点評」を使うことにした。

f:id:zhizuchangle:20170320132902p:plain

検索条件に「按摩」等のキーワードを入れて検索すると、対象の店が抽出される。

表示順は距離や人気などで並べ替えが可能。

人気順でソートすると大江戸温泉物語が一番上になった。

中国でも大人気でよかったね w

f:id:zhizuchangle:20170320133052p:plain

行きたい店を選んだら、内容をチェックする。

別途、予約をするのはハードルが高いので、予約なしで直接行ける「免预约」と、いつでもキャンセルができる「随时退」は最低条件だ。

また、南翔饅頭店にも団購があったが、土日は使用不可だったので、利用可能日も要チェック。

マッサージだと、SPA系は男女通用なのか確認した方がいい。

f:id:zhizuchangle:20170320133309p:plain

購入する商品を選んだら、数量と金額を確認。

f:id:zhizuchangle:20170320134442p:plain

大衆点評の支払は、支付宝、微信、銀行カードのいずれか。

決済画面は、それぞれの支払アプリの画面が開く。

f:id:zhizuchangle:20170320133257p:plain

決済が成功すると「券号」が発行され、この番号を店頭で伝えればよい。

また別途届くSMSにもこの「券号」が記載されている。

やってみるととても簡単で、出掛ける前に購入して、受付で団購であることを言って「券号」が書かれたSMSを見せればOKだった。

マッサージが終わった後、受付では何もなくそのまま帰った。

 

キャンセル方法も簡単。

日曜は抜罐の団購を買ったら、説明には男女通用と書かれていたにも関わらず、店に行ってみると女性客しか受け付けてないと言われた (-_-;)

早速、キャンセル処理という自体になったわけだが、初めてなので、お店の人にスマホを渡して横でキャンセルするのを見ていた。

f:id:zhizuchangle:20170320135212p:plain

「我的」から「可使用」を押すと未使用のクーポンが表示されるので、キャンセルするクーポンを選ぶ。

f:id:zhizuchangle:20170320135215p:plain

キャンセル理由を選択して、申請ボタンを押すだけ。

f:id:zhizuchangle:20170320141916p:plain

 キャンセルしたクーポンは「退款/售后」に移り、お金は1~7日で返金される。

私の場合、当日に返金されていた。

f:id:zhizuchangle:20170320135217p:plain

キャンセルも簡単にできることがわかったし、今後も利用できる機会があれば利用しようと思う。