おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

個人型DCから企業型DCに移換完了

f:id:zhizuchangle:20180202205415j:plain

移換のため運用指図者になる

会社が企業型確定拠出年金を始めるので、昨年開始したばかりの個人型確定拠出年金iDeCo)を解約し、残高を企業型確定拠出年金に移換した。

個人型DCを解約し、企業型DCへの移換するには、「個人型年金の加入者資格喪失に係る証明書」を会社に記入、捺印してもらい、「加入者資格喪失届」に沿えて個人型DCの金融機関に提出する。

会社に「個人型年金の加入者資格喪失に係る証明書」を記入、捺印してもらったが、記入事項に不備があった。

再度依頼するのは面倒だったので、いったん運用指図者になることで資格喪失することにした。 

「加入者資格喪失届」の喪失理由を「04.運用指図者になるため」にすれば、「個人型年金の加入者資格喪失に係る証明書」は出す必要がない。

zhizuchangle.hatenablog.com

ダブって拠出したかも?

節税額極大化のため、ギリギリ11月分まで拠出しようと思い、11月下旬に楽天証券に書類を送ったら、どうやらすぐに停止されるわけではなく、12月も銀行から拠出金が引き落としされてしまった。

12月は給与から企業型DCの拠出金も拠出している。

運用機関への預入は拠出した翌月なので、1月分が個人型と企業型でダブっているのではないかと思う。

今のところ、会社からも楽天証券からも特に何の連絡もないが、12月に拠出額超過が発覚するのだろうか?

移換完了通知が届いた

いつ引落が止まるのか心配で、そろそろ楽天証券に電話して確認しようと思っていたら、昨日、ようやく移換通知が届いた(「移管」じゃなくて「移換」だった)。

f:id:zhizuchangle:20180202203229j:plain 

132,000円拠出して、移換金額が123,195円。

加入時、運用時、移換時の手数料が8,806円、運用益の受取利息が1円。

事務委託先金融機関への手数料が試算していたより128円安かった。 

別途、所得税と住民税の節税効果が40,154円あるので、差引31,349円の節約になった。