おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

YHA美荷楼青年旅舍(香港)は安くて広い!

3泊4日で香港・シンセンへ。

2016年4月にシンセンの中国民族文化村に行って以来2年ぶり。

香港エクスプレスで17,060円

03/08 UO687 KIX-HKG 14:35-17:50
03/11 UO1844 HKG-KIX 15:00-19:30 

中途半端な時間だったので午後休が使えず、2日有給を取得。

香港空港で下準備

香港空港に着くと時折細かい雨が降っていた。

おまけに少し寒かった。

暑いだろうと思ってTシャツしか持ってこなかった。

Amazonで購入した4日間使い放題のSIMカード(590円)をアクティベート。

すぐに繋がり、速度も問題なし。

zhizuchangle.hatenablog.com

HSBCプレミアラウンジで800香港ドル下ろす。

プレミアに切り替えたので、一度中に入ってみたかったのだ (-ω-)/

オクトパスカードにはまだ300香港ドル弱の残があったので、当面は足りる。

f:id:zhizuchangle:20180312074052j:plain

深水埗にバスで移動

ホテルがある深水埗(シャムスイポー)にエアポートバスで行くことにした。

香港のバス路線は以下のサイトで調べられる。

城巴/新巴 - 新创建集团成员 - 互动路线搜寻

アプリもある。

CitybusNWFB - Google Play

うろ覚えのまま出発間際のA21バスに急いで乗ったら間違えていた💦

正しくは、A20E21だった。

ネットで調べなくても、空港の中央出口の脇に、行き先ごとの路線が書かれている。

f:id:zhizuchangle:20180312072529j:plain

中央出口を出たら右に曲がって、突き当りまで直進したらバス乗り場。

f:id:zhizuchangle:20180312173850j:plain

各路線ごとのエアポートバスの乗り場。

f:id:zhizuchangle:20180312073010j:plain

A20路線だと33香港ドル

f:id:zhizuchangle:20180312072951j:plain

E21路線だと14香港ドル

f:id:zhizuchangle:20180312073006j:plain

A21バスが目的の深水埗とはかけ離れたコースを走っていることに気づき、佐敦站付近で下車、地下鉄で深水埗に向かった。

よく確認せずに急いで乗ったばかりに、遠回りをしてしまった。

f:id:zhizuchangle:20180314233030j:plain

YHA美荷楼青年旅舍

YHA Mei Ho House Youth Hostelに2泊。

f:id:zhizuchangle:20180312070059j:plain

部屋の様子

香港はホテル代が狭くて高いので、いつもはシンセンに泊まるのだが、YHA美荷楼青年旅舍は1泊7,000円程度でとても広い。 

デポジットは500香港元(クレカOK)。

チェックイン時、テレビのリモコン、カードキー、宿泊日数分の食券をくれる。

f:id:zhizuchangle:20180312070112j:plain

アメニティ関係

バスタオルとハンドタオル、ベッドシーツは3日以内の宿泊は交換なし。

30香港ドルを払えば有料で交換してくれる。

f:id:zhizuchangle:20180312175539j:plain

バスタオルとハンドタオルは各2枚あるので、2泊でちょうど1日1枚ずつ使える。

シャンプーは中国の安ホテルによくある、シャンプーとボディシャンプーどちらにも使えるやつ。

持って行った方がいいもの。

  • 歯磨きセット
  • 髭剃り
  • 使い捨てスリッパ

f:id:zhizuchangle:20180312070109j:plain

チェックアウト時の注意点

普通のホテルと違って、チェックアウト時に以下の5点を自分でフロントに持っていかなければならない。

  1. カードキー
  2. テレビのリモコン
  3. 枕カバー
  4. ベッドシーツ
  5. 掛け布団のカバー

バスタオルとハンドタオルは部屋に残してOK。

朝食メニュー

洋式、中華、点心、あともう1種類あったけど忘れた。

当日レストランでどれか選んで注文する。

1日目は点心と豆浆を注文。

綺麗に並べてから写真を撮ればもっと美味しそうに見えたかな。

f:id:zhizuchangle:20180312180512j:plain

2日目は洋式とレモンティーを注文。

昨日の点心よりこっちの方が美味しかった。

f:id:zhizuchangle:20180312180509j:plain

コンセント変換プラグ

久々に香港に泊まったので、コンセントの形状が違うことをすっかり失念していた。

夜食から帰って、さて充電しようと思って気付いた (´ω`)

明日一日乗り切れば、シンセンのホテルで充電できるので、充電して持ってきたモバイルバッテリーで乗り切ることにした。

が、翌日サイクリングから帰ってくるとほとんど無くなってしまった。

フロントでどこで売っているか聞いたら、フロントで無料で貸してくれた。

最初の日にフロントに確認すればよかった・・・。

なお、近くの新高登電腦廣場でも5香港ドルで売っていた。

美荷樓生活館(ホテルの歴史)

元々は集合住宅だったのをホテルにリニューアルしたらしい。

H型の建物で、1階と2階の一部が「美荷樓生活館」として1960年代から1970年代の様子が展示されている。

午前9時半から午後5時まで無料で開放されている。

3日目の朝、チェックアウトする前に軽く見学した。

f:id:zhizuchangle:20180312183904j:plain

f:id:zhizuchangle:20180312183242j:plain

f:id:zhizuchangle:20180312183251j:plain

1960年代、70年代の冷蔵庫といえば、National(現パナ)である。

f:id:zhizuchangle:20180312183329j:plain

テレビだってNational。 

f:id:zhizuchangle:20180312183336j:plain

家のテレビがカラーテレビに変わったのは小学校低学年の時だったように思う。

電話が来たのも同じくらいの時じゃなかったかなぁ。

今や見る影もないが、昔の日の丸家電はすごかった!

f:id:zhizuchangle:20180312193702j:plain

f:id:zhizuchangle:20180313010652j:plain