おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

30年前の給与と賞与の明細

f:id:zhizuchangle:20200501135154j:plain

私が入社したのは平成2年(1990年)4月だが、平成3年(1991年)2月から全ての給与明細と賞与明細がたまたま残っている。

欠けているのは、1990年4月から1991年1月までの10ヶ月分の給与明細、1990年夏の寸志、1990年冬の賞与明細だけ。

明細を処分する前にエクセルに入力して、生涯賃金や労働時間の推移を調べようと思っている。

以前に給与システムに残っていた2000年以降のデータから20年間の有給取得推移も作成したが、給与明細を集計すれば30年間の有給取得推移も作成可能だ。

給与明細 (1991年2月)

残っている最も古い1991年2月の給与明細は以下の通りだが、基本給と能力給は入社時と同じはずだ。

支給 支給額 控除 控除額
基本月給 48,880 住民税  
能力給 124,120 健康保険料 6,200
住宅手当   介護保険  
諸手当   厚生年金保 11,300
裁量労働   厚生年金基金 3,200
超勤手当 22,764 雇用保険 1,209
諸手当   団体保険  
財形奨励金 840 生命保険 14,295
福利厚生P   労働組合 5,640
ファンド補助 500 所得税 7,970
代休   会費 700
追給   財形年金 4,240
交通費 24,220 財形住宅 15,600
確定拠出年金   ファンド 5,500
支給計 221,324 社内預金  
    積立貯蓄  
    給食費 3,190
調整 -338 その他 1,442
支給額 140,500 控除計 80,486

初任給は173,000円。

今、この給与でフルで働けって言われたら発狂するな www

超勤手当は18時間で、当時は概ねつけていい上限が決められていた。

私が入社した30年前は私の会社に限らず、世の中全体がブラックだった。

入社1年目なのでまだ住民税を払っていない。

まだ現金払いが残っていた時代なので、効率よく給料袋に詰めれるよう端数は調整して翌月に繰越ししていた。

賞与明細 (1991年6月) 

入社した1990年夏は賞与ではなく寸志で、金額はたしか10万円だった。

従って、初賞与は1990年12月で、1991年6月は2回目の賞与だ。

賞与明細は、もう今では使われていない「青焼き」でプリントされていた。

青焼きは年数が経つと文字が消えてしまうので、ほとんど消えてしまって解読不能な個所があるが、万円単位では大きく外れていないはず。

支給 支給額 控除 控除額
賞与 414,000 雇用保険 2,277
財形奨励金 2,080 所得税 41,723
支給計 416,080 財形年金 16,960
    財形住宅 29,120
    その他 164,000
支給額 162,000 控除計 254,080

この頃はまだ雇用保険以外の社会保険は賞与から控除されていなかったようだ。

その他の164,000円は、3月か4月に購入したトヨタスプリンタートレノ(AE92)の自動車ローンだ。

バブル時代の若者は車を持つことに憧れていて、私も例に漏れず労金でローンを組んで車を買った。

賞与明細 (1991年12月)

ついでに1991年12月、入社2年目冬の賞与明細。

こちらはかろうじて数字が判読できたので、円単位で正確だ。 

支給 支給額 控除 控除額
賞与 625,000 雇用保険 3,437
財形奨励金 2,080 所得税 62,563
支給計 627,080 財形年金 16,960
    財形住宅 29,120
    その他 164,000
支給額 351,000 控除計 276,080

30年前と比べて現在の新入社員の給与や賞与は増えてる?

デフレのせいであまり増えてない?

zhizuchangle.hatenablog.com