おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

30年以上使ったふとんを一般ごみで処分

f:id:zhizuchangle:20210601054022j:plain

3月にニトリマットレスを購入したので、今まで使っていた敷布団が不要になった。

1枚は2007年に楽天で送料込2,800円で買った布団。

もう1枚は大学生のときに実家から持って行った布団なので30年以上使っていた。

布団を捨てるときは、粗大ごみ扱い。

  1. ネットから大阪市に粗大ごみ収集の予約
  2. 1枚につき200円の粗大ごみ処理手数料券をコンビニで購入
  3. 手数料券に予約番号を記入、粗大ごみの目立つ位置に貼って、指定された日にマンション脇に搬出

という手順を踏まなければならない。

手数料はしれているけど、今まで使っていた布団をマンション脇に出して、ゴミ収集車が来るまで人目に晒されるのがなんかイヤだ。

着古した下着を人目につくところに置いておくのに近い感じがする。

もちろん誰が出したゴミかはわからないのだけれど。 

f:id:zhizuchangle:20210601054911j:plain

そこで、布団の中の綿を抜いてゴミ袋に入れ、一般ゴミとして捨てることにした。

30年使っていた布団は綿がぎっしり詰まっていてめちゃ重い。

切り裂いて開いてみると、中には変色した綿がいっぱい詰まってた 💦

綿の色が一部で違っていて、昔は綿を打ち直しして使っていたからだと思われる。

新しい布団のほうはというと、純白の綺麗な綿が出てきた。

新しい布団は綿が動かないよう布団のあちこちで糸で固定されていたので、抜き取るのに時間がかかった。

抜き出した布団2枚の綿はゴミ袋5つ分になった。

部屋中、綿まみれ。 

f:id:zhizuchangle:20210601054343j:plain
またマットレスが少し大きくて、ベッドの手すりにかかってしまうので、ベッドも買い替え。

マットレスを買いに行くとき、ベッドの寸法を測っておくんだった。

マットレスが蒸れないよう、すのこのベッド(11,900円)を買った。

要らなくなったベッドはジモティで誰かに譲ろうかと思ったが、現地引き取りで日時の取り決めをするのが面倒だし、タダだといいかげんな応募者が多そうなのでやめた。

ベッドは粗大ごみで処分(1,000円)。