おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円、半在宅勤務、有休フル消化のハケン社員になりました

住民税は全額 ふるさと納税(2021年度)

f:id:zhizuchangle:20211115231536j:plain

ふるさと納税寄付上限額

今年のバイト代もあと11月と12月分だけなので、ふるさと納税寄付上限額を計算した。

計算結果は、ちょうど30,000円になった。

去年年末の予測では31,000円だったので、我ながら精度が高い 😁

なお、某ふるさと納税サイトの単純シミュレーションでは、58,200円と倍近い金額になった。

正確な値を知りたければ自分で計算するのが一番である。

f:id:zhizuchangle:20211115233414p:plain

返礼品一覧

いつも実家に米を送っていたが、「食べきれないからもう送らないで!」と文句を言われた。

小さな親切大きなお世話だったらしい 😟

それで、3件目のふるさと納税六花亭の詰め合わせセットにした。

スマホで表が見えない場合はPCモードにすると見える

納税先市町村 商品 金額
山形県村山市 米 10kg 5kg×2 はえぬき(令和3年産) 10,000
大阪府泉佐野 タワラ印一粒のかほり 盛り盛り 計15kg 10,000
北海道帯広市 六花亭ザ・マルセイ 31個入 10,000
合 計   30,000

住民税は全額ふるさと納税

ふるさと納税後の来年の住民税は10万円の見込み。

今まで大阪市に納めてたけど、来年からは全額をホントふるさと納税

国民健康保険料もふるさと健康保険 😁

10世帯に1世帯もナマポをかかえて健康保険料高止まりの大阪市とはおさらばちゃん!

私は県跨ぎに過ぎないけど、いつまでもバラマキ続けてツケを高所得者に押し付けたりしたら、シンガポールに逃げだす人が増えると思う。

確定申告概算

ふるさと納税額を計算したってことは、確定申告も概算で計算したってこと。

スマホで表が見えない場合はPCモードにすると見える

給与収入 4,835,910
給与所得控除 1,407,182
給与所得 3,428,728
所得控除
基礎控除 480,000
社会保険料 908,467
iDeCo 804,000
保険料 90,000
寄付金控除 28,000
2,310,467
総合課税所得 1,118,000
所得税 5% 55,900

今年の所得税6万円弱の見込。

もし、iDeCoと生保控除をやってなければ、課税所得は約200万円、所得税率は10%になって、所得税は10万円になってた。

節税に役立つiDeCoをやらないのは損。

来年の見込額

来年のふるさと納税寄付上限額は42,000円の見込み。

年収はほぼ同じだけど、社会保険料が90万円から40万円に減って所得控除が減るので、寄付上限額は増える。

税金の支払が増えるってことでもあるけど 😟

zhizuchangle.hatenablog.com

f:id:zhizuchangle:20211116184430j:plain

ミニストップ株主優待