おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《バイトの品格》

五十而知天命、正社員から連休5日制のバイト社員になりました

足がガクガクブルブル!白嶽に登る!

f:id:zhizuchangle:20211130211835j:plain

前日、金田城跡に登ろうとYAMAPで地図をダウンロードすると、「白嶽」という山名があったので写真を見てみた。

めっちゃ壮大できれい!

朝、レンタカーを借りに行ったら、受付の韓国人と思しき女性も、金田城跡より白嶽のほうが素晴らしいという。

往復2時間ぐらいなので、朝一番に登山することにした。

でも、登山するつもりはなかったので、トレッキングポールないし、普通のリュックだし、服装も普通のパーカーとパンツ。

下着以外、予備の服は持ってきてないのでコケられない 😅

第二駐車場

白嶽が見える。

公衆トイレあり。

バスはここまでしか入れない。

f:id:zhizuchangle:20211130211402j:plain

第一駐車場

さらに車一台しか通れない道を進むと、登山口手前に数台車を停められる。

下りてきて撮った写真なので2台停まっているが、朝は私の車一台だった。

寒いかなと思って、長袖Tシャツ、パーカー、さらにリュックにダウンジャケットを入れていく。

ペットボトルは2本、おにぎりと菓子パンも持っていく。

f:id:zhizuchangle:20211130211356j:plain

08:20 登山スタート

登山口の脇に滝がある。

f:id:zhizuchangle:20211130211417j:plain

最初のうちは、なんてことないゆるやかな坂道。

f:id:zhizuchangle:20211130215252j:plain

08:40 行者の岩屋

岩の隙間で行者が修行をしたのだろうか。

この岩の間を通り抜けてしまって少し道に迷う。

暑くなってきてパーカーを抜いて長袖Tシャツ一枚になる。

ダウンジャケット持ってくるんじゃなかった。

f:id:zhizuchangle:20211130211447j:plain

帰りに気付いたが、本当は、隙間を通り抜けず、手前を登らないといけなかった。

ここにも岩の隙間があった。

こっちが本当の行者の岩場?

f:id:zhizuchangle:20211130212529j:plain

08:45 鳥居に到着

楽勝じゃんと思っていたが、ここから一気に坂が急になる。

f:id:zhizuchangle:20211130211507j:plain

祠が祀られている。

f:id:zhizuchangle:20211130211517j:plain

f:id:zhizuchangle:20211130215857j:plain

ところどころロープが張ってあるが、登るときは足だけで登れる。

下るときは安全のためにロープを持つ。

f:id:zhizuchangle:20211130211526j:plain

09:00 山頂前広場

石垣でできた広場に到着。

f:id:zhizuchangle:20211130212509j:plain

ケルンが積まれてる。

f:id:zhizuchangle:20211130211543j:plain

狛犬が置かれた祠。

f:id:zhizuchangle:20211130211651j:plain

山頂前広場から雄岳(左)と雌岳(右)の間に登る。

f:id:zhizuchangle:20211130221121j:plain

反対側にはまた数個の祠。

f:id:zhizuchangle:20211130211719j:plain雄岳に登る。

f:id:zhizuchangle:20211130211729j:plain

けっこう切り立った岩に登る。

足がガクガクブルブル 💦

この程度で足がすくむのが情けないけど、怖いものは怖い。

転落したら間違いなく死ぬけど、レンタカーが残ってるから発見されるな。

f:id:zhizuchangle:20211130211757j:plain

反対側の雌岳。

左手の雄岳の岩が映ってる。

左の岩にどうやって登るのかわからず、諦めて下りようとして、藪の中に反対に回りこむ道を発見!

f:id:zhizuchangle:20211130211803j:plain

09:15 白嶽山頂!

最期の岩は手足を使って這い上がる。

これだよ、これ、この景色!

おまけに雲一つない青空!

登ってよかった!

f:id:zhizuchangle:20211130211858j:plain

岩の上は平べったくなってて数人が上がれる。

でも人がいたら登るところですれ違うのは怖いな。

下りるときの方が怖いけど、着地するところは少し広くて藪も少し繁ってるので大丈夫だった。

f:id:zhizuchangle:20211130211921j:plain

10:00 第一駐車場

再び、来た道を戻る。

行者の岩場からさらに下ったところで、初めて登ってくる人に出会った。

第二駐車場まで戻って💩をする。

汚いトイレじゃなかったし、トイレットペーパーもあって助かった。

登山口から山頂まで往復2時間かからなかった。

平均ペースが初めて200%を超えた。

いつも下りでペースダウンするから超えたことなかったのに💩に行きたかったから?

休憩時間が43分ってなってるけど、休んだのは頂上だけで5分ぐらいだと思う。

f:id:zhizuchangle:20211130223107p:plain

f:id:zhizuchangle:20211130223124p:plain