おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円、半在宅勤務、有休フル消化のハケン社員になりました

セントラルパタヤのフードコートと幻の鳥の唐揚

ヒルトンに移ってからは、ヒルトンに隣接した「セントラルパタヤ」で食事をとった。

名称が「セントラルフェスティバル」なのか「セントラルパタヤ」なのか不明。

「ターミナル21」みたいにワクワク感はないけど、同じくらいでっかいショッピングモール。

最初は、わざわざヒルトンのエレベーターで1階に降りてショッピングモールに行ってたけど、16階のロビーと反対側にあるエレベータに乗ると、ショッピングモールと直結していた。

天井の高さの違いで、ヒルトンの16階が、ショッピングモールで7階に相当する。

また、ショッピングモール5階にある、この扉から階段をあがっていくと、ヒルトンの15階のエレベーターホールに出られるようになっていた。

ヒルトンに泊まった翌日、「FOOD PARK」というフードコートを利用。

無難に2番のエビチャーハン(85バーツ)。

米がちょっとべちゃべちゃした感じだった。

お米がパラパラなほうが好き。

翌日は、同じフロアの「BEACH EATS」というフードコート。

こっちのほうがわかりやすい場所にあって、観光客が多かった。

6番の焼き鳥とナンのセット(149バーツ)。

番号で注文すると、店員がわからない場合があるので、写真を撮って画面を見せると確実。

カレーと間違えてた。

前を通るたびに気になってたパイのお店。

あんまり客がいない。

5個で100バーツ。

6種類あったので、タロイモ×3個、パイナップルジャム、ココナッツ餡を購入。

特別に美味しいわけでもなく、不味いわけでもなく。

あまり客がいないのも納得。

ヒルトンに移った日の夕方、例の既に更新されてないパタヤのブログで紹介されていた「幻の鳥の唐揚げ屋」に行ってみた。

ちょっと薄暗いソイに入っていく。

歳をとると夜目がきかなくなって、暗い道が歩きにくい。

閉まっていることもあるらしいけど、オープンしてた🤩

20バーツのはなかった。

15バーツ(約60円)の唐揚げを3つ購入。

ヒルトンホテルに持って帰って食す。

たしかに安くてジューシーで美味しかった。

あと、いつもタイに来たら海苔のスナックをいつも食べる。

コンビニに3種類あったので、食べ比べしてみた(どれも39バーツ)。

真ん中のがパリッとしてて一番美味しかった。