おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

知床五湖ガイドツアーにまた参加

知床は昨年秋に訪れたので、まだ行ってない羅臼湖トレッキングツアーに参加しようと思っていた。

でも天気予報だと天気があまりよくなさそうで、天気がいまいちの景色をみてもしかたないし、充分な防寒着も持ってきていなかったので、また知床五湖ガイドツアーに参加することにした。

結局、曇っていたのは朝だけでどんどん天気はよくなったけど・・・。

5月から7月はヒグマ活動期で、ガイドツアーでないと地上遊歩道は歩けない。

当日申込は8時から。

ガイドによって値段が違うが、だいたい5,000円前後。

但し、当日申込は6,000円😥

ネットで空き状況を見て、電話で9時半からのツアーを申し込んだ。

ツアー所要時間は約3時間。

知床五湖フィールドハウスに30分前に到着。

高架木道は一湖まで行けて無料。

私が申し込んだグループは、女性ガイドで、高齢男性3人組と若いカップル2人の参加者だった。

このあいだAmazonで買ったノースフェイスのジャケットを着てる人が多かった。

ブランドに興味ないので、そんなメジャーとは知らなかった。

「立入認定証」をもらって最初に10分程度のレクチャーを受ける。

五湖から順番にまわって最後が高架木道のある一湖。

遊歩道の脇の木にクマの爪の跡。

木の高いところにもある。

半年前に撮った写真と同じ木だった💧

山ブドウの蔦が巻き付いていて、その実を取るために登ったらしい。

<五湖>

まだ雲が多く、知床連山も雲に覆われている。

キツツキがあけた孔。

これも前回と一緒。

<四湖>

アングル的にはいまいち。

今回のガイドツアーでは双眼鏡を貸してくれたので、湖面を泳ぐつがいのオシドリが見えた。

もしクマを見かけてガイドが危険と判断した場合、ツアーは中止になり速やかに退避、その日の他のツアーもすべて中止になる。

数日前に、鹿を追い掛け回すクマがいて、ツアーがすべて中止になったそうだ。

三湖のそばにある中が空洞になっても生きてる木。

木は水を通す層が樹皮のすぐ内側にあって、周りの樹皮を鹿に食べられると枯れるけど、内側は空洞になっても枯れないらしい。

こっちの木も半分空洞になってるけど生きてる。

切り株から新しいトドマツが生えてる。

<三湖>

遊歩道が三湖に沿ってあるのでいろんな角度から見られる。

左手の麓の白く見えるのが硫黄山

水芭蕉がいっぱい生えている。

クマは水芭蕉の根っこを食べるらしい。

ググると冬眠中の固くなった💩の排便を促すためと書いてある。

コウホネの花。

オロロンラインに「こうほねの家」というのがあって、”こうほね”とは何ぞやと思っていたが、水草の一種だったのか。

<二湖>

すっかり晴れた!

天気予報ってあてにならないな。

私には見えなかったけど、雪渓を登っている登山者がいると話していた。

<一湖>

右手に高架木道が見える。

以前は牧草地だったので木が生えてない。

知床五湖ツアーで一番やりたかったこと。

それは電圧線を握ること!

高架木道の周囲にはクマが近寄らないよう約7000Vの電気が流れている。

前回のツアーでガイドが片手で触ってて、片手なら電流が体を流れないから大丈夫と言っていた。

握ってみたら、電気が断続的に流れてて、電気風呂みたいな感じだった。

高齢男性3人組が陽気な人たちだったので、楽しいツアーだった。

その中の一人が紋別プリンスホテルが食事がいいと話してて、今回は空きがなくて泊まれなかったけど、まったく同感と思った。

予定通り3時間でツアー終了。

ガイドに、カムイワッカ湯の滝は車で簡単に行けるか尋ねると、簡単だというので行ってみることにした。

zhizuchangle.hatenablog.com