おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

予算計画(2019年)

f:id:zhizuchangle:20161225085805j:plain

会社員生活最後の年になる2019年の予算計画を立てました。

基本的に昨年実績の延長で入れました。

f:id:zhizuchangle:20190202080844j:plain

貯蓄の部

2018年実績

個人型DCから企業型確定拠出年金に変わったので、年間拠出額が月12,000円から25,000円に増えました。

個人型の拠出が一ヶ月ずれ込んだので31万円(12,000+25,000×12)。

その他の15万円は公募割れしたソフトバンク株です ( ノД`)シクシク…

初めてのIPOが公募割れ・・・。

毎年コンスタントに約350万円を貯蓄にまわしています。

2019年予定

企業型確定拠出年金の拠出を12月に給与拠出(25,000×11ヶ月)から賞与拠出(150,000円)に変更するので、合計約43万円拠出します。

他は昨年と同様で、今年も350万円を貯蓄します。

支出の部

2018年実績

下記記事参照

zhizuchangle.hatenablog.com

2019年予定

キャッシュバック26,000円がなくなるので通信費が増加する以外は、前年並みの予定です。

10月から消費税率が10%に2%上がるので、前年並みに収まったら十分でしょう。

もう手軽なあまり不便を感じない固定費削減のネタが尽きました。

コストダウンネタ

固定費削減のネタは尽きたといっても、年間130万円程度でセミリタイア生活をしている人もいます。

年間生活費を公開されている方の数値を拾ってきて比較してみました。

  2018年
  某ブログ 知足常楽 差異
住居費 610,000 780,000 ▲170,000
光熱費 60,000 90,000 ▲30,000
通信費 30,000 60,000 ▲30,000
教育費   180,000 ▲180,000
会費   100,000 ▲100,000
娯楽費 10,000 110,000 ▲100,000
(固定費) 710,000 1,320,000 ▲610,000
食費 130,000 290,000 ▲160,000
医療費 25,000 20,000 5,000
衛生費 5,000 30,000 ▲25,000
車両関係費 70,000 0 70,000
交通費   40,000 ▲40,000
交際費   430,000 ▲430,000
被服費   10,000 ▲10,000
備品費 50,000 90,000 ▲40,000
旅行関係費 270,000 1,010,000 ▲740,000
雑費 20,000 20,000 0
変動費 570,000 1,940,000 ▲1,370,000
(支出計) 1,280,000 3,260,000 ▲1,980,000

大きな差異が発生しているものを見ていきます。

【教育費】
中国語会話(12万円)と英語会話(6万円)を中止⇨18万円削減
【会費】
会社関係なので会社を辞めたら自動減⇨10万円削減
【娯楽費】
ジム通いを中止⇨8万円削減
【交際費】
両親へのお小遣いを中止⇨40万円削減
【旅行関係費】
旅行の回数を減らす⇨70万削減

ここまでやったら146万円削減で、130万円には届きませんが180万生活です。

趣味にお金をかけれなくなったら生きている意味を見出せなくなりそうですが・・・。

当面、語学学校もジムも海外旅行も減らすつもりはありませんが、 将来、支出を絞らないといけない事態になった時はこの中から手を付けることになります。

もちろん、真っ先に両親へのお小遣いを削減しますが (-ω-)/

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com