おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

廃墟?芦別カナディアンワールド

ドライブの目的地は芦別カナディアンワールド。

バブル期に作られた公園で、今は廃墟に近い状態になっている。

土・日・祝日10時から17時と書かれていて、セルフで駐車料金500円を置くようになってる。

自分の車で園内を一周できるようになっている。

行ったのは月曜日・・・。

車で入るゲートは閉まってた。

しかたないので車を外に止めて歩いて回ることにする。

入口近くにある教会風の建物。

タイヤがパンクして何年も放置されているっぽい来園者を乗せる車。

入ってすぐ「美術館」と書かれた建物。

土日祝日なら今でも開いているのか???

坂をくだっていくと時計台がある。

周囲にまったく人影なし。

さらに下ってみる。

遠目にはそんなに痛んで見えない。

観光用の機関車も走っていたっぽい。

池の周囲に建物が並んでいる。

メイン広場?

さらに先に進むとピラミッド風の廃墟。

温室もガラクタ置き場に変わってる。

この建物はなに?

反対側に川はないけど・・・。

それに「一方通行」って?

さっきのメイン広場に戻ってきた。

実は、ここで人影が見えたのだ 😨

裏に車が停まってて、ドアには「営業中」の掛札が・・・。

コーヒーでも飲めるのかと思って、思い切ってドアをノックして入ると、昆虫館(入場料200円)だった。

中の人もまさか平日に人が入ってくると思わずびっくりしてた💦

池の反対側にある機関車の駅。

なんかこの駅だけ綺麗に改装中???

池の対岸からみると街並みがとてもきれい。

坂を上る途中で「赤毛のアン」の家の看板を発見。

これが「赤毛のアン」の家を再現したものらしい。

来るときに左手にあった家屋。

時計台は登れるようになっている。

安全基準を満たしているかどうかはわからないので自己責任。

メイン広場の方向。

入り口側の美術館。

右手にもなんか家がある。

誰もいなくて、天気がいいと景色もきれいで、なかなかいい観光地。