おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

豊平峡温泉 日帰りパックとインドカリー

f:id:zhizuchangle:20220114193656j:plain

定山渓ビューホテルから市内に帰ってきた日のうちにクーポン2,000円を使わないと有効期限が切れてしまうので、またじょうてつバスの温泉日帰りパック券(2,200円)を購入した。

定山渓温泉から帰った翌日にまた続けていくのはなんだし、他の日はワーケーションで働かないといけないし、札幌滞在をもう数日伸ばそうかな。

と悩んだが、結局、今週は働くのは1日だけにして、金曜に日帰り温泉に行くことにした。

前日に電話をかけて、往きは札幌駅10時発、帰りは豊平峡温泉14時54分発のかっぱライナーを予約しておいた。

f:id:zhizuchangle:20220114193853j:plain

当日は大雪。

定山渓神社が雪に雪に埋っている。

f:id:zhizuchangle:20220114193719j:plain

往きのバスは10人程度。

一人を除いて全員が終点の豊平峡温泉で下りた。

豊平峡温泉大人気。

f:id:zhizuchangle:20220114193707j:plain

雪のせいで20分ほど遅れて11時半過ぎに到着。

豊平峡温泉はインドカリーが有名らしい。

先に食べてから温泉に入ることにした。

ベジタブルカリー(900円)とセットサラダ(220円)を注文。

サッポロ冬割のクーポンは使えず、現金決済のみ。

こんな山奥でインド人が本格カレーを作ってる。

ナンが思ってた以上に大きかったが、美味しくて全部平らげた。

f:id:zhizuchangle:20220114193743j:plain

入浴料は日帰りパック券に含まれるが、タオルは別料金だった。

タオルはたまたま持ってきてたので、バスタオルだけレンタルした。

最初に520円払って、帰るときにバスタオルと交換で300円返してくれる。

小さめの内風呂が3つ。

源泉かけ流しを売りにしていて、浴室の床に網目状の模様の石灰華ができている。

f:id:zhizuchangle:20220114194609p:plain

公式HPより

露天風呂は偶数日と奇数日で男女入替制で、今日はふくろうの湯と遊湯の湯だった。

もちろん、下の写真のような景色ではなく、一面真っ白な雪景色。

雪も降っていて、温泉に入っていると気持ちい。

f:id:zhizuchangle:20220114194322p:plain

公式HPより

遊湯の湯は、岩と岩の出っ張りの間に人が収まるような窪みが数カ所あって、ヤドカリのように人が収まってる。

ちょうど寝湯の場所が空いていた。

斜め上に時計があって、時間はまだ1時。

予約した帰りの2時54分のバスまでさすがに2時間も浸かってられない。

どうせ満席でないだろうから、一本早い1時54分のかっぱライナーで帰ることにした。

f:id:zhizuchangle:20220114194352p:plain

公式HPより

やっぱバスはガラガラで、予約と違う便だけど余裕で座れた。

途中で誰も乗ってこず、豊平峡温泉で乗った5人か6人の乗客だけ。

f:id:zhizuchangle:20220114193729j:plain

残ってるクーポン3,000円を使いきらないといけないので、すすきので下車。

狸小路商店街六花亭のお菓子を購入(2,210円)。

f:id:zhizuchangle:20220114193803j:plain

f:id:zhizuchangle:20220118192532j:plain

これで残り1,000円。

カレーを食べてあまりお腹が減ってないけど「ラーメン札幌一粒庵」に行く。

が、なぜかシャッターが閉まってた。

f:id:zhizuchangle:20220114193756j:plain

また検索して歩いてそう遠くない「らーめん山頭火」に行くことにした。

f:id:zhizuchangle:20220114193807j:plain

塩ラーメン(850円)と玉子(100円)。

お腹が空いてなかったけどまあまあ美味しかった。

f:id:zhizuchangle:20220115193028j:plain

f:id:zhizuchangle:20220114193808j:plain