おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

雨合羽携帯必須!白楊歩道の水濂洞

f:id:zhizuchangle:20190919211224j:plain

錐麓古道から燕子口古道に帰ってきたのが午後1時半。

私はツアーが何時に終わるかわからないので、もう一泊して明日直接花蓮から空港に向かうことにしていたが、もう一人のツアー参加者、古さんは明日から仕事なので、旅行社からのアドバイスに従って午後6時以降の汽車を予約していた。

今から花蓮駅に戻ったら時間を持て余すので、ガイドの小羊が気を利かせて、別の観光スポットに連れていってくれることになった。

それで古さんが行きたがっていた白楊歩道に連れて行ってくれた。

白楊歩道は天祥の先にあった。

白楊歩道の水濂洞

f:id:zhizuchangle:20190919205446j:plain

駐車場に車をとめて、灯のない長くて暗いトンネルを歩いていく。

真っ暗なのでみんなスマホのライトをつけて歩いている。

ガイドの小羊が、この歩道はもともと上流にダムを作る予定で掘られたが、環境保護のためにダムが中止になり、歩道として開放されたと言っていた。

f:id:zhizuchangle:20190919205456j:plain

長いトンネルを抜けて歩いていくとさらに3つくらいトンネルがある。

f:id:zhizuchangle:20190919205547j:plain

一番最後のトンネルが目指す水濂洞である。

f:id:zhizuchangle:20190919205637j:plain

ここで持参した雨合羽が役に立つ。

雨合羽を着て、靴を脱いで裸足になり、洞窟の中に入っていく。

f:id:zhizuchangle:20190919205658j:plain

洞窟の奥は真っ暗で、所によっては水が滝のようにザアザア降り注いでいる。

スマホが濡れないように気を付けながら、スマホのライトで奥に進んでいく。

f:id:zhizuchangle:20190919205711j:plain

f:id:zhizuchangle:20190919205743j:plain

写真を撮るが、スマホのフラッシュでは光量が足りないのでぼんやりとしか映らない。

中で写真を撮りたかったらデジカメを持って行ったほうがいい。

f:id:zhizuchangle:20190919210745j:plain
雨合羽は100均で買ったものなので、雨合羽を持ってきていない他の観光客にあげた。

水濂洞の脇には白楊橋があって、壮大な白楊瀑布が見える。

f:id:zhizuchangle:20190919205925j:plain

f:id:zhizuchangle:20190919205942j:plain

将軍府

車に乗って花蓮市内に戻り、将軍府に連れて行ってくれた。

めちゃくちゃサービス精神旺盛で仕事熱心な小羊さん!

市内に帰る道中、古さんは最近転職したばかりなので「台湾の民間企業で働いていると中年になったらリストラに遭うけど日本は終身雇用で安定しているんでしょう?」と聞かれる。

日本でも非正規が増えてるし、大企業でも40代や50代でリストラする企業が増えているんですよと、もうすぐ辞める私は他人事のように答えた w

昔、日本人の大佐とその部下が住んでいた建物が残されている。

f:id:zhizuchangle:20190919212152j:plain

大佐の家の上には雨から守るためだろう、大きな屋根が取り付けられていた。

もう時間が遅かったので中には入れなかった。

大佐の家といってもご覧の通り、そんな豪勢なお屋敷ではない。

「日本人はお金がないね」と冗談を言う。

f:id:zhizuchangle:20190919210029j:plain

部下の屋敷に至っては外見はボロボロ、隙間から中を覗くと荒れ果てている。

部下が住んでいた建物は取り壊されてしまうそうだ。

f:id:zhizuchangle:20190919210059j:plain

近くにマンゴーの樹が生えていて、樹の隙間がちょうど台湾の形に見えると小羊が教えてくれた。

f:id:zhizuchangle:20190919210040j:plain

f:id:zhizuchangle:20190919210116j:plain

最後に二人を花蓮駅まで送ってくれた。

本当なら錐麓古道だけで解散してもいいところを、さらに白楊歩道に将軍府まで案内してくれたので、チップを渡そうと思ったのだが渡しそびれてしまった。

周家蒸餃(花商店)

昨日とは違うものを食べようと思ったが、台北みたいにあちこち店がない。

小籠包の店があったので、小籠包と酸辣湯を頼んだ(70元)。

値段から予想していたことではあるが、杭州小籠包のような小籠包ではない。

ただ安い小籠包の形をした水餃子ではなく、小籠包の形をした肉まんで味はおいしかった。

f:id:zhizuchangle:20190919210106j:plain

今日はめちゃくちゃ歩いたので、歩数を調べると3万歩を超えていた。

今のところ一番歩いたのは、南京観光をしたときで親指の爪が割れたほど。 

  1. 2018/07/15 4,144カロリー 南京ハイキング
  2. 2018/08/11 4,006カロリー 丹東虎山長城ハイキング
  3. 2019/09/16 3,764カロリー 錐麓古道ハイキング
  4. 2018/03/09 3,669カロリー 香港大美督サイクリング
  5. 2018/05/19 3,560カロリー 台北象山ハイキング
  6. 2018/04/15 3,436カロリー 旗津島サイクリング 

f:id:zhizuchangle:20190918074014p:plain 

f:id:zhizuchangle:20190919213039p:plain

断崖絶壁!太魯閣(タロコ)錐麓古道ハイキング

f:id:zhizuchangle:20190916191745j:plain

花蓮に来た目的は、太魯閣峡谷の錐麓古道を歩くこと。

私がよく台湾に行くことを知っているフィリピン人の英会話の先生が、「台湾人の生徒がこんなところに行ったそうだけど知ってる?」と断崖絶壁の写真を見せてくれた瞬間、絶対ここに行きたいと思った。

一人で歩くのは危険だと思ったので、ネットで調べたところ、最近よく利用しているKKdayの一日ツアーの中にあるのを発見!

しかもたったの3,000円ちょっと!

www.kkday.com

連休は花蓮に行くことにして、汽車のチケットもホテルも予約して、錐麓古道のツアーを申し込んだ。

当初、15日(日)で申し込んだら、中秋節の三連休で既に定員になっていると回答があり、まだ空きのあった16日(月)で予約をした。

ガイドの話によると、休日は156人、平日は96人と言っていたので、人が少ない平日に登れて逆によかった。

準備するもの

ハイキングに備えて以下のものを準備した。

  • パスポート(必須)
  • 現金200元(入山料)
  • 雨合羽
  • タオル
  • 帽子
  • スポーツドリンク2本
  • ビスケット
  • トイレットペーパー(ホテル備品)

日頃の行いのせいか、天気は快晴だったが、雨合羽を持っていったことが後でとても役に立つ。

帽子は以前に会社が支給してくれたもので、日本ではかぶるのが恥ずかしいから捨てようと思っていたが、今では海外でハイキングする時にいつもかぶっている。

トイレットペーパーを持って行ったのは、もちろんトイレに備えてである。

台湾に着いた日に少し便意を催したときに我慢したらやっぱり便秘になってしまった。

ハイキングの途中で便意を催したら大自然の中ですることになってしまうので、前日朝に便秘薬を飲んだが、頑固な便秘になってしまったようで全然催さず、出発する間際までトイレで粘るがあまりでなくて、ハイキング中に便秘薬による腹痛に襲われる最悪の事態を想定してもっていった。

ガイドの方でも以下のものを用意してくれていた。

  • ミネラルウォーター1本
  • バナナ1本
  • どら焼き
  • サンドイッチ(昼食)

お迎え

KKdayで申し込みをした時、KKdayはあくまで仲介業なので、ハイキングを実際に主催する旅行社をLINEに登録しておいた。

ハイキング前日の夕方に、小羊というガイドが6時50分にホテルに迎えにくると連絡があった。

羊って変わった名前だなと思ったが綽號(あだ名)だった。

5時過ぎに起きて、シャワーを浴び、近くのセブンイレブンで皮蛋瘦肉粥を食べる。

f:id:zhizuchangle:20190918201607j:plain

時間通りにガイドの小羊が迎えにきたが、小さな乗用車だった。

f:id:zhizuchangle:20190918070645j:plain

私を乗せたあと、近くの別のホテルでもう一人、新竹から来た古さんという30代ぐらいの女性を拾うと太魯閣峡谷に向かう。

なんとツアー参加者は私と彼女の二人だけであった。

参加者が一人でもツアーを催行するが持ち出し、二人でトントン、三人以上でやっと儲けがでる状況と言っていた。

錐麓吊橋から出発

途中でヘルメットを借りた後、燕子口歩道の脇に車を止めて錐麓古道の入り口の錐麓吊橋まで歩く。

燕子口歩道にあるインディアン酋長の岩。

f:id:zhizuchangle:20190918070709j:plain

 

f:id:zhizuchangle:20190918070739j:plain

下の吊り橋が錐麓吊橋で、上の鉄橋はまだ開通していないらしい。

f:id:zhizuchangle:20190918070824j:plain

錐麓吊橋入り口でパスポートを提示して200元の入場料を払うと職員が橋に通じるゲートを開けてくれる。

f:id:zhizuchangle:20190918070844j:plain

f:id:zhizuchangle:20190918070852j:plain

錐麓古道は錐麓吊橋から天祥まで全長約10キロの長さがあるが、落石の影響で現在は錐麓吊橋から断崖駐在所まで片道約3キロの道程を往復することになる。

f:id:zhizuchangle:20190918222147j:plain

f:id:zhizuchangle:20190918071001j:plain

f:id:zhizuchangle:20190918071200j:plain

小羊が先頭を歩き、古さん、私と続く。

歩くスピードはゆっくりで、休憩も頻繁に入るので私には余裕。

そんなに急な坂ではないが、途中でリタイアして他の参加者が往復して帰ってくるのを待っている人もいるという。

f:id:zhizuchangle:20190918222654j:plain
f:id:zhizuchangle:20190918071304j:plain

巴達岡駐在所

昔、日本人が駐在していた部落跡で、建物の土台や井戸の跡が今も残っている。

昔の日本人はたくましかった!

f:id:zhizuchangle:20190918071322j:plain

f:id:zhizuchangle:20190918071420j:plain

駐在所、交易所、療養所、原住民の子供の学校、宿泊施設などがあったらしいが、今ではすっかり樹木に覆われている。

f:id:zhizuchangle:20190918225129j:plain

f:id:zhizuchangle:20190918071350j:plain

夏草や兵どもが夢の跡

f:id:zhizuchangle:20190918071451j:plain

巴達岡二号橋

巴達岡駐在所を過ぎてしばらく歩くと巴達岡二号橋がある。 

ちょうど台北101と同じくらいの高さ(約500m)と言っていた気がする。

f:id:zhizuchangle:20190918071520j:plain

谷底に川が見えるが、途中から地中に吸い込まれて水が流れていない。

f:id:zhizuchangle:20190918071558j:plain

f:id:zhizuchangle:20190918071630j:plain

断崖絶壁の古道

岩をくり抜いた一番目のトンネル。

f:id:zhizuchangle:20190918071702j:plain

元の道は足場が悪いので短い橋がかけられている。

f:id:zhizuchangle:20190918071753j:plain

いよいよロープを張った道がはじまった!

f:id:zhizuchangle:20190918071839j:plain

断崖のちょうど中腹にくり抜いて作られた古道が見える!

これぞ、まさしく歩きたかった場所だ!

f:id:zhizuchangle:20190918071858j:plain

太魯閣峡谷が足もとに広がっていて壮大な眺め。

f:id:zhizuchangle:20190918071910j:plain

ところどころ、柵が張られている。

ガイドの話によると、数年前、登山者がすれ違う時に外側を歩いていた人が崖から落ちてなくなったらしい。

ガイドから人とすれ違うときはできるだけ内側を歩くようにと言われる。

幸い、平日で朝早く出かけたせいか、ここまで他の登山者は4名くらいしか出会っていない。

f:id:zhizuchangle:20190918072004j:plain

 柵のない場所もあるが、看起来好可怕,走起来没那么怕だ。 

f:id:zhizuchangle:20190918072056j:plain

足を踏み外したら間違いなくあの世往き。

f:id:zhizuchangle:20190918072116j:plain

ふたつ目の岩をくり抜いたトンネル。 

f:id:zhizuchangle:20190918072155j:plain

入口の左側に「開〇記念」「大〇」と刻まれている。

ガイドが日本の元号と言うので、大正三年か四年と刻まれていたのだろうか。

f:id:zhizuchangle:20190918072226j:plain

洞窟の中に菩薩像が安置してある。

f:id:zhizuchangle:20190918072213j:plain

高所恐怖症の参加者で、一度も崖の方を見ずに壁だけを見て歩いて行った人もいたそうだ。

f:id:zhizuchangle:20190918072335j:plain

f:id:zhizuchangle:20190918200108j:plain

f:id:zhizuchangle:20190919001351j:plain

断崖駐在所

断崖絶壁を抜けるとちょっとした平地があって、そこが断崖駐在所があった場所だ。

今では何も残っていない。 

ミッション達成の記念撮影。

f:id:zhizuchangle:20190919001216j:plain

ここでガイドがくれたサンドイッチを食べる。

f:id:zhizuchangle:20190918072410j:plain

f:id:zhizuchangle:20190918234146j:plain

断崖駐在所の少し先に殉死した日本人の石碑があるが、誰も訪れる人がなく荒れ果てている。 

f:id:zhizuchangle:20190918072535j:plain

f:id:zhizuchangle:20190918072510j:plain

元来た道を帰る

来るときは4人ぐらいしか出会わなかったのに、帰る時に断崖で7、8人の白人グループに出くわした (゚д゚)!

柵のないところで外側を歩くのはやはり怖い。

ちょっとリュックが当たったりしてバランスを崩したら一巻の終わりである。 

f:id:zhizuchangle:20190918072724j:plain

帰りは巴達岡二号橋の上で休憩したぐらいで、ほとんど休憩せずに下りた。

f:id:zhizuchangle:20190919234128j:plain

午前8時20分に登りはじめて、午前11時半に断崖駐在所に到着、午後1時20分に帰ってきたので、ちょうど5時間の行程だった。

小羊によると1時半に帰ってこれるのは、今まで引率してきた中では早いほうらしい。

今まで引率していたのは年寄りが多かったのかな。

f:id:zhizuchangle:20190918072910j:plain

登る時は気付かなかったが、燕子口歩道から巴達岡二号橋が見えた。

f:id:zhizuchangle:20190918072948j:plain

本来なら、これでツアーは終わりだが、ガイドの小羊はとてもいい人で、早くツアーが終わったからといって別の古道に連れて行ってくれた。

zhizuchangle.hatenablog.com

花蓮 東海岸線(郵輪式列車)1日ツアー

f:id:zhizuchangle:20190917154151j:plain

石梯坪

東海岸線ツアーは今年の6月に開設されたばかりのツアーだ。

日本のYahooニュースで花蓮から東海岸を回るバスツアーができたと紹介されていた。

一人ではなかなか行けないルートなので、この機会に行ってみようと日本からネットで申し込んだ。

もちろん、このマイナーなツアーが花蓮に来た目的ではない。

4人以上で催行のため、問い合わせた時はまだ人が集まってないと回答があったが、台湾に行く数日前に催行の連絡が来た。

メールに記載されたアドレスにアクセスしてカードで前払い(520元)。

嗄嗄叫早午餐

f:id:zhizuchangle:20190919232826j:plain

ホテル近くの早餐店で豆漿、肉包、葱蛋を食べる。

f:id:zhizuchangle:20190919232834j:plain

花蓮旅遊服務中心に集合(8:30)

8時半に駅前の花蓮旅遊服務中心に集合。

f:id:zhizuchangle:20190917220509p:plain

f:id:zhizuchangle:20190915113950j:plain

マイクロバスで参加者は私を含めて10人だった。

私の名前は漢字で書かれてたので、運転手は私が日本人と気付いていないことが後でわかった。

運転手がガイドを兼ねているが、車内での案内だけで観光地ではバスで待機している。

f:id:zhizuchangle:20190917145313j:plain

蕃薯寮観景区(9:20~9:50)

昔、原住民の阿美族が竹の棒を使って峡谷を飛び越えることができた者を頭目としたそうだ。

飛び越えられずにたくさんの若者が死んだそうである。

橋の向こう側の崖に階段や道が見える。

f:id:zhizuchangle:20190917150322j:plain

さすがにこの橋がかかっている距離ではないはずである w

f:id:zhizuchangle:20190917150533j:plain

タロイモのアイス(25元)を食べるがあまり美味しくなかった。

f:id:zhizuchangle:20190917225651j:plain

大石鼻山歩道(10:00~10:40)

次に向かったのが大石鼻山歩道。

ちょうど他の観光バスがついたところで人がいっぱいだった。

f:id:zhizuchangle:20190917150942j:plain

150mの小山だが暑さのせいか途中の東屋でリタイアする人が多かった。

団体を追い抜いて一番先にある東屋に向かう。

f:id:zhizuchangle:20190917151125j:plain

f:id:zhizuchangle:20190917152512j:plain

眺望台から南側を望んだところ。

f:id:zhizuchangle:20190917151338j:plain

北側には海水浴場が広がっている。

25年くらい前に友人と原付きで花蓮から海水浴場まで行ったが、あれはこの海水浴場だったのだろうか。

f:id:zhizuchangle:20190917151512j:plain

山頂からパラグライダー(飛行傘)しているのが見えた。

違う団体のガイドが1,300元ぐらいと話しているのが聞こえた。

それぐらいの値段ならやってみたい。

f:id:zhizuchangle:20190917152341j:plain

登り口には竹でできた作品が飾られていた。

f:id:zhizuchangle:20190917230700j:plain

f:id:zhizuchangle:20190917230708j:plain

石梯坪(11:15~12:00)

3番目は折返し地点となる石梯坪で、帰路は往路と同じ道を引き返すことになる。

右側の席に座ったので往きはずっと山ばかり見て、帰りは海をずっと眺めることになった。 

f:id:zhizuchangle:20190917230921j:plain
f:id:zhizuchangle:20190917230927j:plain

小さな岩のてっぺんに雑草が茂っていて生命力がすごい。

f:id:zhizuchangle:20190917153020j:plain

カンカン照りのクソ暑い道路を先に進んでいくと、海岸に白い岩の塊が見えた。

午後からは少し曇っていたが、日焼け止めクリームを塗っていたにも関わらず思い切り焼けてしまった。  

f:id:zhizuchangle:20190917153558j:plain

「単面石」と標識が出ていたので樹のトンネルを抜けて行ってみる。

 

f:id:zhizuchangle:20190917153859j:plain

ぼこぼこに穴があいたでっかい白い岩山だった。

f:id:zhizuchangle:20190917154012j:plain

波打ち際に下りてみる。

f:id:zhizuchangle:20190917231306j:plain

潮溜まりには小魚がいっぱいいた。

f:id:zhizuchangle:20190917154423j:plain

バスに戻る途中、瀬戸内国際芸術祭みたいな作品が木々の奥に埋もれていた。

三石灶(さんせきそう)という3つの石を並べたかまどから発送を得たらしい。

f:id:zhizuchangle:20190917154608j:plain

石梯漁港(12:05~13:40)

石梯坪から目と鼻の先にある石梯漁港で銘々自由に昼ごはんをとる。

といっても海鮮レストランなど3店舗くらいしか選択肢はない。

一番質素なガレージみたいな店で油麺(50元)を食べた。

同席になった台中から来た母娘と覚しき母親から「一人で参加してるの?」と話しかけられた。

日本から一人で来たというと「勇敢ね」と感心される。

飛行機でわずか2時間だし、台湾は治安もいいし、今はスマホがあるから全然なんてことないと思うけど。

f:id:zhizuchangle:20190917155333j:plain

集合時間まで時間が有り余ったので港を散歩する。

本当かどうかわからないが台湾のホエールウォッチング発祥の地と書かれていた。

でも閑古鳥が鳴いていた・・・。

f:id:zhizuchangle:20190917160231j:plain

漁港の先から戻っているとツアーに参加している二人の子供を連れた母親(?)に「この先に何かある?」と聞かれたので、「沒什麼好看」と完璧な中国語で答えたつもりなのに「台湾人じゃない?どこから来たの?」と聞かれた。

日本人だと答えると、子供に「日本人だって!」と興奮した様子で教えていた。

今どき台湾に日本人は吐いて捨てるほどいるから、旅先で日本人プレミアムを感じなくなって久しいが、こんなに興奮する台湾人がまだいるとは ('ω')

聞くと南投から来たそうで辺境の地でもないの日本人を見て興奮するとは、こんなマイナーなツアーに日本人がよもや参加しているとは思わなかったからだろうか。

二人の子供の方がよっぽど冷静だった w 

バスに戻ると運転手にも「日本人がツアーに参加している」と話していて、運転手はここでようやく私が外国人とわかった。

f:id:zhizuchangle:20190917160507j:plain

石門班哨角(13:45~14:00)

ただのダブルハートのモニュメントがあるだけの広場。

先ほどの親子に急かされ一緒に写真を撮った。

若いツアー参加者はどこに行っても自撮りをするのに夢中だが、私は数枚風景を撮ったら手持ち無沙汰になる。

f:id:zhizuchangle:20190917164410j:plain

新社梯田(14:25~15:15)

海の崖っぷちに田んぼがある。

ガイドが『種菜女神(2018年)』というドラマのロケで使われたが、残念ながらセットは撤去されてしまったと言っていた。

f:id:zhizuchangle:20190917200119j:plain竹か藁で作った人形や小屋があって、やはり若者や子連れの格好の写真スポットになっていた。

f:id:zhizuchangle:20190917233242j:plain

f:id:zhizuchangle:20190917200426j:plain

少し離れたところに原住民がバナナの樹の皮で作った手工芸を展示している建物があるとガイドが話していたので行ってみる。

2階で展示販売していたが、お客が誰もいなくて長居をすると買わないといけない雰囲気になりそうなので早々に引き上げた。

f:id:zhizuchangle:20190917200617j:plain

店の中はこんな感じ。

知らない間に南投親子が私の写真を撮っていてLINEで送ってくれた。

f:id:zhizuchangle:20190918073219j:plain

親不知子海上古道(15:20~16:00)

バスを降りる前にガイドが「不去終生遺憾、去了也終生遺憾、看完以后別打我。」と言っていた。

参加前に写真を見ていたのでなんとなく予想がつく w

f:id:zhizuchangle:20190917235607j:plain

ツアーの観光地の中で唯一入場料(40元)が必要。

f:id:zhizuchangle:20190917201627j:plain

ヘルメットをもらって海上に張り出した古道とは言い難いわずか数十メートルの舗装された道を歩く。

f:id:zhizuchangle:20190917202017j:plain

途中から数メートルだけガラス張りになっている。

南投親子の言葉を借りれば「あんな短い歩道が40元!ガラスは曇っていて一部しか透き通ってないし!」とのことである。

f:id:zhizuchangle:20190917201739j:plain

ガイドの説明では、昔、原住民の母親が子供を背負って渡っていたが、緊張していたので渡り終わってようやく背中の子供がいないことに気付いたことに由来する。

子供連れの夫婦が渡っていて、海に落ちた妻を助けようと夫が飛び込んだが夫婦共に亡くなり、子供だけが助かったことに由来するという話もある(台北ナビより

f:id:zhizuchangle:20190917202422j:plain

土産物屋が並ぶトンネルの中を通って入り口に戻る。

f:id:zhizuchangle:20190917202546j:plain

玉製品の展示や壁の装飾も綺麗だし、たった40元なら許容範囲かな。

f:id:zhizuchangle:20190917202731j:plain

f:id:zhizuchangle:20190917202646j:plain

f:id:zhizuchangle:20190917202704j:plain

芭崎瞭望台(16:10~16:25)

最後に立ち寄ったのは芭崎瞭望台というなんてことのない展望台。

野生の猿がちらっと見えた。

往きに登った大石鼻山歩道が見える。

f:id:zhizuchangle:20190917203819j:plain

これでツアーの全工程が終わり、再び花蓮駅まで送ってもらって解散。

途中の夜市で下車したい人はいるか聞かれたが誰も下りず。

別れ際に南投の親子にFBを聞かれるが、FBはやってないのでLINE交換した。

翌日、写真を送ってくれたが、門班哨角以外にも知らない間に撮られていた。

花玉自助餐館

晩ご飯は昨年も行った花玉自助餐館に行く。

f:id:zhizuchangle:20190917224357j:plain

これだけ取ってもたったの110元だった。

f:id:zhizuchangle:20190917224410j:plain

スマホの画面を見続けていると目の焦点が合わなくなるので、いつも家に帰ってからパソコンでブログを書くのだが、今回は帰りの汽車の中でも空港でもこの文章を書いていた。

次の3連休にまた出かけるので、書いておかないと面倒臭くなってしまうからである。

f:id:zhizuchangle:20190917230216p:plain

f:id:zhizuchangle:20190913181208j:plain

華聯遊覽客運-官方網站

 

zhizuchangle.hatenablog.com