おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

台北から高雄にフライト目的地変更の続き

f:id:zhizuchangle:20190114213954j:plain

ふかふかの慣れないベッドで寝たせいか、あまりよく眠れなかった (-_-;)

6時に起きてシャワーを浴び、新しいTシャツとハーフパンツに着替え、昨日もらったクーポンをもって43階に朝食を食べに行った。

何種類もの料理があって何を食べるか迷ってしまう。

f:id:zhizuchangle:20190114214009j:plain

昼食分まで思う存分食べた ('ω')ノ

でも改めて写真を見ると大したもんを選んでないな・・・。

f:id:zhizuchangle:20190114214049j:plain

f:id:zhizuchangle:20190114214058j:plain

43階からの景色は、以前に登った高雄85ビルからの風景と同じだ。 

f:id:zhizuchangle:20190114214210j:plain

ホテルの周りを歩いた後、部屋に戻って荷物をまとめ、しばし広い部屋で一人寛ぐ。

集合時間の8時前にフロントに行く。

ルームカードを返却するとき、一人部屋の差額を請求されるかなと少し心配していたのだが全く名前の確認すらなかった (-ω-)/

f:id:zhizuchangle:20190114214518j:plain

バスに乗って高雄空港に行き、カウンターでパスポートを返してもらって、トランジットカードをもらう。

ここで思ったのだが、パスポートを返してもらった後、飛行機に乗らずトンズラこいたらどうなるのだろう。

入国手続きしてないけど、不法入国のままホテルに泊まったらすぐばれるのかな。 

昨晩、高雄で入国した人がいるのかどうかは不明だが、あずけた荷物を桃園でしか受け取れないから、いなかったのかもしれない。 

f:id:zhizuchangle:20190114215050j:plain

手荷物検査のあと、昨晩は入国手続きをしていないので出国検査を受けず、指示された専用のカウンターでトランジットカードと昨日のボーディングパスを見せて搭乗口に向かう。

飛行機の座席は昨日と同じ。

f:id:zhizuchangle:20190114215147j:plain

10時20分高雄発のフライトで、12時前に桃園空港に到着して入国審査。

たくさんの入国審査待ちの行列を尻目に、常客証でスイスイ入国。

zhizuchangle.hatenablog.com

ちょうどバスが出発するところだったので乗り込んで、1時前に定宿に到着。

郵便受からルームカードを取り出して部屋に入る。

昨夜のホテルとの落差、大きすぎ w

f:id:zhizuchangle:20190114215228j:plain

なお、ジェットスターからは昨日10時過ぎ、目的地変更が決まった早い段階で下のようなメールが送られてきた。 

コンビニで済ませず、もっといいもんを食べたら食費も請求できたのかな。

疲れてたし眠かったからそんな気力なかったけど。

それに1人部屋にしてくれただけでもう十分だけど ('ω')ノ

f:id:zhizuchangle:20190114215508j:plain

結局、ごねたもんの勝ちなのか!強詞奪理有用!

f:id:zhizuchangle:20190112003745j:plain

午後休をとって夕方便で台北へ。

昨年6月に予約した15,840円の久々のジェットスターのチケット。

01/11 3K722 KIX-TPE 17:10-19:25
01/14 3K721 TPE-KIX 12:45-16:10

関空でラウンジに行こうとして、ゴールドカードを忘れたことに気づいた。

ゴールドカードはラウンジ利用と海外旅行保険のために携帯必須なのに最近ポカが多い。

濃霧のため高雄にフライト変更

桃園空港に近づき最終着陸態勢に入って高度を下げていってたと思ったら、急に高度をぐんぐん上げ始めた。

機長の放送で、濃霧のためもう一度着陸をトライするとのこと。

10分ぐらいして再び最終着陸態勢体制に入ったが、またしてもエンジンが唸り声をたてて急上昇し、誘導灯が見えずまた着陸を断念したと放送があった。

しばらく旋回して三度目のトライをするのかと思っていたら、燃料補給のため高雄空港に向かうと機長から放送があった。

夜8時過ぎに高雄空港に着陸。

ただ、高雄で下ろされるのか、給油をして再度台北に戻るのかこの時点では不明。

しばらくして、機長から本社に連絡をとって今後の方針を確認すると説明があった。 

着陸して携帯が使えるようになったので、すぐに台北のホテルにLINEでチェックインが何時になるかわからないと連絡を入れる。

同時に、新幹線の時間とバスの時間、近くのホテルについても確認しておいた。

急用がある人は高雄で入国し、自分で新幹線などを手配してもいい、領収書を取っておいてジェットスターのHPから申請したら払い戻ししてくれると説明があったが、いつまで経っても飛行機から降りられない。

さらに今夜は航空会社がホテルを手配したので明朝に台北に飛ぶと説明があった。

その後、預けた荷物は台湾のルールにより高雄で下ろせないと説明があった。

私はスーツケースを機内持ち込してるので関係ないけど、預けた人は一度脱いだ下着をまた着るのは嫌だろうな。

着陸から2時間後の夜10時にようやく飛行機を降りてバスで空港の建物に向かう。

入国審査で我々専用のレーンが作られ、パスポートと引き換えに手書きの番号が書かれたボーディングパスが渡された。

f:id:zhizuchangle:20190114203436j:plain

 

ホテルでごねる日本人クレーマー

ホテルに向かう数台のバスに分かれて乗り込み高雄市内に向かった。

着いた先は漢来大飯店 The Grand HiLai Hotelという五つ星ホテル。

明日は8時にフロントに集合、再びバスに乗って10時20分発の台北往きの飛行機に乗ることになった。 

f:id:zhizuchangle:20190112005306j:plain

f:id:zhizuchangle:20190114203811j:plain

f:id:zhizuchangle:20190113002327j:plain

さて、ここでとっても気がかりな点が。

バスに乗る前に台湾人の乗客が、誘導してくれていた恐らくジェットスターのスタッフに相部屋かどうか聞いていたが、スタッフは相部屋になると答えていた。

見も知らぬ人と相部屋になるくらいなら五つ星ホテルじゃなくていいからシングルに泊まりたい。

差額は自己負担すると言って一人部屋を希望したらいくら請求されるのだろう。

高いから自分で安宿を探すと言ってもパスポートを持ってない。

フロントで一人で泊まる場合いくら追加すればいいのか尋ねると1,500元(約6,000円)と言われた。

それくらいなら許容範囲と思ってクレカを出して決済してもらっていた。

すると隣の60代くらいの初老の日本人男性が一人部屋を希望しているのにお金を出すのを拒んで、「ジェットスターが悪いのだからジェットスターに請求しろ」とフロントのスタッフに食って掛かっていた。

天候のせいで航空会社の責任じゃないのにみっともないクレーマーだなと思ったが、ホテルのスタッフもキチガイを相手にしたくないので一人部屋を手配してた。

隣でゴネ得を見て正直者がバカを見るのも馬鹿らしいので、「隣の客は金を払わず一人部屋なの」と言うと、後で確認すると言って私にも一人部屋を手配してくれた😀

世の中、無理が通れば道理が引っ込むものなんだね。

道理でクレーマーが跋扈するわけだ

まあ、私もクレーマーに乗っかって一人部屋にしてもらったけどw

トラブルを楽しむ

フライトで目的地が変更になるなんて初めてのことなので、不安もあったものの、初めての体験をそこそこ楽しんでいた。

いちおう中国語がわかるので一人で対処できると思っていたからで、これがタイなど非中華圏だったら不安でいっぱいで、英語がわかる日本人に話しかけていたと思う w

ジェットスターの対応は、言ってる内容が二転三転したり、機内に2時間留め置かれたりしたけど、本社や空港当局に確認しないと決められない部分もあるだろうから仕方がないし、全体的によかったと思う。

台湾で初Line Pay決済。 

朝食のクーポンとルームカードをもらって部屋に入ったのが11時半

部屋は16階の角部屋だった。

こんな部屋に泊まれるのに、わずか6時間程度、寝るだけなんてもったいない。

会社から帰って軽く食べただけでずっと何も食べていないので腹ペコ。

近くのコンビニHi-Lifeに行って、皮蛋瘦肉粥とスポーツドリンクを購入し、イートインで食べる。

f:id:zhizuchangle:20190114210646j:plain

小米MaxⅡはデュアルアプリの登録が可能なので、タイと台湾の携帯番号でそれぞれLineをインストールしてクレカを登録しておいた。

f:id:zhizuchangle:20190114231620p:plain

台湾で初めてLine Pay決済。

なお、セブンイレブンは中国信託銀行のカードで绑定していないと使えないらしい。

f:id:zhizuchangle:20190114211133p:plain

スマホ連動の体重・体組成計・体脂肪計を購入

f:id:zhizuchangle:20190109194456j:plain

今まで使っていた体重計は、たしか十年以上前に健保組合からもらったもの。

昔は健保組合が黒字で、救急セットだとか血圧計とか毎年のようにもらえた。 

最近、液晶表示がところどころ欠けて、数字が読めないことがある。

グリップと本体をつなぐコードの被膜が劣化してむき出しになってきたせいじゃないかと思う。

f:id:zhizuchangle:20190109194425j:plain

今年の抱負にダイエットを挙げたことだし、新しい体重計を買うことにした。

毎朝、計測結果をFitbitのアプリにマニュアル入力して管理しているが、今はBluetoothスマホと連動する体重計があるようだ。

Amazonで検索したら、たくさん種類があってどれがいいかわからなかったので、スマホアプリ連動、②とにかく安い、③乾電池使用(≠USB充電)の条件で選んだのがRosefray 体重・体組成計・体脂肪計。

1,599円とめちゃ安い!  

小さくて場所も取らない!

専用アプリをダウンロードしてスマホにインストールする。

今まで使っていた体重計と比較して、体重はほぼ誤差がないが、体脂肪率が今までの体重計では16.3%だったのが、新しい体重計では19.4%とかなりの差が出た。

手と足の両方で計測する今までの体重計の方が正しいような気がする。 

f:id:zhizuchangle:20190109194358j:plain

買ってから気づいたが、Fitbitともデータ連携できて、計測したデータが自動でFitbitに反映される ('ω')ノ

f:id:zhizuchangle:20190109194409j:plain

計測した各項目の健康状態も表示される。

魚類を食べないせいか、骨量が不足になっている (-_-;)

f:id:zhizuchangle:20190110071322j:plain

下の図は体重をデータ連携させたFitbitアプリの画面だ。

正月に帰省して67.4kgまで太ったけど、毎日ジムで有酸素運動をして、スナック菓子も我慢した甲斐があって5日で65.2kgまで戻した (^^)v 

f:id:zhizuchangle:20190110071317j:plain