おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

台湾新幹線三日間乗り放題パスを使い倒す

f:id:zhizuchangle:20190716235845j:plain

前回、台南から台北まで新幹線20%割引チケットを購入したKKdayで今度は3日間乗り放題パス(7,160円)を買った。

台北から高雄まで片道チケットの正規料金は1,490元(約5,300円)なので、高雄まで1往復すれば元が取れる計算だ。 

www.kkday.com

台湾高速鉄道のサイトでも販売されているが、2,200元(約7,700円)なのでKKdayで購入する方が安い。

pass.thsrc.com.tw

f:id:zhizuchangle:20190714195149j:plain

KKdayから送られてきた書類とパスポートを窓口で提示して乗り放題パスをもらう。

その時に何日から使用開始するのか告げればいい。

自動改札は通れないので、出る時も入る時も乗り放題パスとパスポートを駅員に見せてゲートを開けてもらう必要がある。

指定席の場合は、窓口に並んで席を取る必要があるが、乗る都度ではなく、何件かまとめて予約をしてもいい。

座席指定すると内容を印刷した紙を左側のページに貼ってくれる。

新たに印刷した紙には前に乗車した分も記載されてて、どんどん上から重ねて貼っていく。

違いはわからないが、紙を印刷せず、通常の磁気チケットを発券したときは、磁気チケットは手渡されず、右側に予約内容を手書きしてくれる。

自由席の場合は、直接改札を通って好きな便に乗車すればいい(記録は残らない)。

自由席は10号車から12号車。  

f:id:zhizuchangle:20190716001430j:plain

買ったからには使い倒そうと台北を起点に1日目は嘉義、2日目と3日目は台南に日帰り旅行をした。

正規料金なら嘉義まで片道1,080元、台南まで片道1,350元なので、合計で7,560元(約27,000円)になる (-ω-)/

2泊目と3泊目を台南に泊まった方が体力的にも時間的にもずっと楽なのだけど、ホテルはだいぶ前に台北で予約していたので変更できないし、どこに行くかは前日とか当日に適当に決めた。

7月14日の台南から台北の便は指定席が満席で、自由席だったので記録がない。

だが台南からなら自由席は余裕で座れた。

直前に指定席を取ろうとすると、一番早い便に乗れなかったり、3人掛けの真ん中のシートになってしまう。

台北や台南からなら自由席でも余裕で座れることがわかったので、15日は座席指定はしたけれどその便には乗らず、一つ早い便の自由席車両に乗った。

自由席車両のほうが窓際の席に座れてよかった。

zhizuchangle.hatenablog.com

金面山に登って蛇に遭遇

f:id:zhizuchangle:20190716145821j:plain

7時半に目が覚めた。

帰国する日なのでチェックアウトの時間までホテルでゴロゴロしようかと思ったが、平日の午前中なら金面山に登っても人が少ないだろし、いい運動になると思ったので再び登ることにした。

MRT西湖駅で下車して登山口に向かう。

私のホテルからは象山より金面山のほうが乗り換えなしで行けるので便利。

f:id:zhizuchangle:20190716145339j:plain

思ったとおり、平日午前中なのでほとんど人がいない。

今回も険しい方のコースを選ぶ。

f:id:zhizuchangle:20190716145404j:plain

この岩場を登りきったらもう頂上付近と思ってたが、まだまだ岩場が続いていた。

前回は人が多くてゆっくり登ったのでそんなに疲れた感がなかったのに、この岩場を登ったところで息があえいでかなりバテた。

ふと茂みを見ると人糞があった。

もちろんティッシュペーパーがあったから人糞とわかったのである。

30年前、少林寺の達磨洞に登ったとき、私と友人も便意を催して茂みの中で野糞をしようとしたことがあるので気持ちはわかる w

f:id:zhizuchangle:20190716145435j:plain

f:id:zhizuchangle:20190716145441j:plain

ペースを少し落としてようやく剪刀石山に到着。

ここも誰一人いない (^o^) 

 

f:id:zhizuchangle:20190716145554j:plain

誰もいなくて撮り放題なので空中に突き出した岩の上で自撮りする。

f:id:zhizuchangle:20190716145635j:plain

この奥の岩のほうが小さくて足場が悪いので緊張した。

最近、グランドキャニオンで自撮りに夢中になった女性が足を踏み外して崖から落ちて死んだニュースを読んだ。

そんな間抜けな死に方はしたくないので四つん這いでにじり寄った。

f:id:zhizuchangle:20190716145655j:plain

剪刀石山の近くの亭で少し休んだあと、登ってきた道を引き返す。

f:id:zhizuchangle:20190716145905j:plain

竹月寺まで10分とあるので寄ってみることにした。

f:id:zhizuchangle:20190716145930j:plain

竹月寺ヘ下る階段を降りていくと、数段先の階段に緑色の動く物体がいた。

太さ1センチ、長さ50センチくらいの鮮やかな緑色の🐍だった。

今回の蛇は小さかったので前に象山で見た時ほどはビビらなかった。

写真を撮ろうとしている間に階段を横切って茂みに隠れてしまった。

f:id:zhizuchangle:20190716145950j:plain

竹月寺に到着。

引き返さなくても竹月寺から市街に下りる道があった。

f:id:zhizuchangle:20190716150004j:plain

f:id:zhizuchangle:20190716150012j:plain

8時半に登り始めて9時半には下りてきたので1時間で回ったことになる。

速乾性シャツを着てこなかったので、Tシャツは汗でびしょ濡れになった。

ズボンもお尻と股の部分が濡れて色が変わってお漏らししたみたいに。

MRTに乗るのが恥ずかしかったが、幸い、平日なのでガラガラだった。

朝食に姜包子で鮮肉包(1個17元)を買って帰る。

f:id:zhizuchangle:20190716150013j:plain

今回もFuta Aに宿泊。

3泊で4,085元だが、Lineトラベル経由で予約したので10%ポイント還元される予定。

f:id:zhizuchangle:20190716150103j:plain

f:id:zhizuchangle:20190716150110j:plain

今回も2万元をアコムACマスターカードでキャッシングして即日返済。

お金はそのまま中国信託商業銀行に預けて台湾元預金を積み増し。 

f:id:zhizuchangle:20190716150118p:plain

zhizuchangle.hatenablog.com

 

台南 麻豆代天府の地獄と天国巡り

f:id:zhizuchangle:20190718211807j:plain

昨晩、ホテルに帰ってようやく便が出て体調がよくなった。

今日は平日の月曜日なので観光するのに最適!

候補に考えたのは以下の3箇所。

  • (台南)麻豆代天府の地獄と天国巡り
  • (台南)新化老街をぶらぶら歩く
  • (高雄)十鼓橋糖文創園区の太鼓演奏

昨日も台南に行ったので、今日は高雄にしようかとも思ったが、行くのが面倒そうな麻豆代天府にトライすることにした。

台湾新幹線3日間乗り放題パスで指定席をとったら、7時11分台北発、9時11分台南着の3人掛けの真ん中の席になった。

でも、昨日の経験から、さっさとプラットフォームに上がって、一便早い6時51分発、8時37分着の自由席窓際にちゃっかり座る (^^)v 

zhizuchangle.hatenablog.com

台湾鉄道に乗り換えて、台湾鉄道の台南駅へ。

f:id:zhizuchangle:20190718215143j:plain
駅の近くにある聯統の北門バス乗り場に行き、9時46分発の台中往き1625路線の麻豆轉運站までのチケットを購入(50元)。 

f:id:zhizuchangle:20190718211429j:plain

麻豆轉運站で下車、徒歩で5分ほど離れた中山路の円環バス停に行く。

黄色バスに乗り換えするのに、どのくらい待たないといけないかわからない。

近くにいた台湾人に尋ねると、ちょうどバスがやってきたところで、親切にバスを停めてくれた上に、「この人は日本人で分からないから目的に着いたら教えてあげて」と運転手に言ってくれた。

f:id:zhizuchangle:20190718212334j:plain

五王廟前で下りるといいと言っていたのを覚えていたので、運転手が教えてくれるまでもなく自分でブザーを押して下りれた (-ω-)/

後で悠遊カードの履歴を見ると、新營客運というバスで、近距離だったせいか無料だった。

http://www.singing168.com.tw/Y_route7404.html

麻豆代天府

麻豆代天府は五王廟前バス停の目の前。

とても変わった形のお堂。

f:id:zhizuchangle:20190718211437j:plain

f:id:zhizuchangle:20190718211443j:plain
f:id:zhizuchangle:20190718211450j:plain

寺院の奥に進むと超巨大な龍が現れた!

f:id:zhizuchangle:20190719060932j:plain

さっそく地獄めぐりの旅に出発(40元)。

f:id:zhizuchangle:20190718211505j:plain

それぞれの地獄の前に行くと明かりがついて台詞が流れ、人形が動き出す。

【第一殿】秦広王の第一地獄

生前の罪を裁かれる。

f:id:zhizuchangle:20190718230256j:plain

【第二殿】楚江王の第二地獄

賄賂を貰ったり職権を乱用すると虎ののこぎりで首をちょん切られる。

f:id:zhizuchangle:20190718211722j:plain

【第三殿】宋帝王の第四地獄

強姦や姦通をすると炮烙の刑に遭う。

f:id:zhizuchangle:20190718211734j:plain

【第三殿】宋帝王の第五地獄

私利を貪ったり偽証して人を陥れると目をくり抜かれる。

f:id:zhizuchangle:20190718211744j:plain

【第四殿】五官王の第六地獄

毒を売ったり、偽薬や偽酒を製造すると油の煮えたぎる鍋に入れられる。

f:id:zhizuchangle:20190718211752j:plain

 【第四殿】五官王の第七地獄

美人局(仙人跳)で金銭を取ったり身の破滅に追いやると石の槌で心臓を穿たれる。

f:id:zhizuchangle:20190718211812j:plain

【第五殿】閻羅王の第八地獄

閻羅王とは日本でなじみの深い閻魔大王のこと。

数を胡麻化して不当に蓄財すると犬に食べられて蛇に咬まれる。

f:id:zhizuchangle:20190718211827j:plain

【第五殿】閻羅王の第九地獄

目上の人や両親を敬わないと大きな天秤で縛り首になる。

f:id:zhizuchangle:20190718211835j:plain

【第六殿】卞(biàn)城王の第十地獄

強姦、輪姦、殺人をすると五匹の鬼に八つ裂きにされる。

f:id:zhizuchangle:20190718211842j:plain

【第六殿】卞城王の第十一地獄

窃盗、誘拐、詐欺を働くと石臼でミンチ肉にされちゃう。

f:id:zhizuchangle:20190718211913j:plain

【第七殿】泰山王の十三地獄

舅や姑に孝行を尽くさないと大きな石で打ち据えられる。

f:id:zhizuchangle:20190718211934j:plain

【第八殿】都市王の第十四地獄

女の人のヒモになったり、人身売買したり、家庭のある人にちょっかいをかけると顔の皮を削がれる。

f:id:zhizuchangle:20190719065522j:plain

日本でも知られている針の山。

f:id:zhizuchangle:20190719065343j:plain

【第八殿】都市王の第十五地獄

互助会のお金を持ち逃げ(倒會)したり、入水自殺や首吊り自殺に追い込むとお腹を割かれて内臓を引っ張り出される。

日本で言うところの「無尽」、「模合(もあい)」、「頼母子講(たのもしこう)」みたいな感じと思われる。

f:id:zhizuchangle:20190719064451j:plain

【第九殿】平等王の第十六地獄

 博打、詐欺、偽物を売ると切腹の刑に遭う。

f:id:zhizuchangle:20190718211954j:plain

【第九殿】平等王の第十七地獄

嘘を言いふらしたり、殺人を唆したりすると舌を引っこ抜かれる。

f:id:zhizuchangle:20190718212010j:plain

【第十殿】轉輪王の第十八地獄

輪廻転生して再び現世に生まれてくる。

再び現世に生まれるのも地獄だよな・・・。

f:id:zhizuchangle:20190718212035j:plain

続いて、天国巡りがある(40元)。

孫悟空がお出迎え。

f:id:zhizuchangle:20190718212138j:plain

天国は地獄に比べるとつまらないので割愛。

地獄で責め苦に遭うのは嫌だけど、天国も退屈でつまらない所だと思う。

f:id:zhizuchangle:20190718212153j:plain

出口は龍の口から階段になっている。

f:id:zhizuchangle:20190718212214j:plain

天国はこのでっかい胴体の中を上がってきたことになる。

f:id:zhizuchangle:20190719060537j:plain

f:id:zhizuchangle:20190718212238j:plain

圧巻としかいいようがない巨大さだ。

f:id:zhizuchangle:20190718212255j:plain

麻豆轉運站まで歩いても30分ぐらいなので、麻豆にもう来ることもないだろうからどんな街なのか歩いて帰る。

f:id:zhizuchangle:20190719061502j:plain

途中で桑果ジュースを購入(60元)。

桑果ジュースって日本では見たことないけど、中国の飛行機に乗るとよく提供される。

f:id:zhizuchangle:20190718212313j:plain

f:id:zhizuchangle:20190718212322j:plain

麻豆轉運站の聯統の窓口で台南駅に行きたいというと大分待たないといけないので隣の窓口で聞くように勧められた。
隣は和欣客運で、ちょうど台南駅に近い台南公園往きのバスが出るところだったので急いで乗った(50元)。

冠成四川成記涼麵

昨日、エビ飯を食べに行く途中で何件かの冷麺の店を見かけた。

暑いし冷麺が食べたくなったので、Googleマップで口コミが多い店を探して見つけたのがこの店。

T-Bikeをレンタルして出かけた。 

f:id:zhizuchangle:20190718212347j:plain

四川風冷麺(60元)。

ピリ辛でとても美味しかった。

f:id:zhizuchangle:20190718212406j:plain

自転車で台南駅に戻り、台湾高速鉄道の台南駅に行き、15時13分発、16時59分着の新幹線で台北に戻る。

365台湾小吃

夜は西門で牡蠣オムレツ(蚵仔煎)を食べる。

この隣に滷肉飯でいつも行列ができている「天天利美食坊」という有名店があるが、行列に並ぶのが嫌なのでまだ食べたことがない。

f:id:zhizuchangle:20190718212424j:plain

一杯30元のタピオカミルクティーを売っていた。

f:id:zhizuchangle:20190718212436j:plain

f:id:zhizuchangle:20190718212441j:plain

zhizuchangle.hatenablog.com

f:id:zhizuchangle:20190718215320j:plain

麻豆地区

f:id:zhizuchangle:20190718215324j:plain

台南市

f:id:zhizuchangle:20190718215328j:plain