早期リタイアして世捨て人になる

早期退職実現に向けて妄想するブログです

淡水フェリーは自転車持ち込みで優先乗船!

f:id:zhizuchangle:20170920235229j:plain

自転車で、關渡から淡水を越えて漁人碼頭まで行き、淡水に再び戻ってフェリーで八里に渡り、十三行博物館に行ってから關渡大橋を渡って帰るコースを走る。

淡水には以前、紅毛城と周杰倫の淡江高級中学を見に行ったことがある。

 

MRTで關渡駅まで行き、小莉單車出租で自転車をレンタルする。

またしても免許証を忘れたので、パスポートを預ける。 

1日定額150元の自転車と250元の自転車があり、サドルが柔らかい150元の自転車を借りる。

 ワイヤーロックも貸してくれた。 

f:id:zhizuchangle:20170921000646j:plain

11時前に出発。

関渡宮まで出ると、サイクリングロードの入口がある。

f:id:zhizuchangle:20170920235225j:plain

そこから少し走ると關渡大橋が見えてきた。

f:id:zhizuchangle:20170920235213j:plain

 淡水に沿ってサイクリングロードが走っている。

f:id:zhizuchangle:20170920235209j:plain

淡水駅周辺は観光客で混んでいるので、自転車を押しながら、お店を見て歩く。

f:id:zhizuchangle:20170920235205j:plain

自転車を借りる時、「馬偕街という馬偕という有名人の通りが歴史があるから行ったらいいよ」と言われたので行ってみたら、めちゃくちゃ距離が短かった。

馬偕って、台湾人じゃなくて、キリスト教宣教師の名前だった。

そういえば、雙連にも馬偕医院という病院があるが、彼に由来するのだろう。

f:id:zhizuchangle:20170920235152j:plain

f:id:zhizuchangle:20170920235156j:plain

再び、北上して漁人碼頭に到達。

情人橋を渡ったところにあるお店で、肉粽と魚丸湯を食べたが、肉粽はモチモチしていなくてパサパサだった。

f:id:zhizuchangle:20170920235140j:plain

f:id:zhizuchangle:20170920235143j:plain

同じ道を淡水のフェリー乗り場まで戻る。

f:id:zhizuchangle:20170920235137j:plain

f:id:zhizuchangle:20170920235133j:plain

八里行きの淡水のフェリー乗り場に行くと長蛇の列 (´ω`)

自転車を押しながら列に並ぶのは邪魔になりそうだし嫌だな~と思ったが仕方がない。

ところが、片道23元と自転車代20元の合計43元を払うと、窓口の女性に「行列に並ばず、自転車を押して一番前に行って」と言われた。

なんと、自転車持ち込みなら、長蛇の列に並ばず、来た船にすぐに乗れるのだ!

f:id:zhizuchangle:20170920235129j:plain

まもなくすると船がやってきて、普通の乗客が乗った後で、まだまだ並んでいる人を尻目にちゃっかり乗せてもらうことができた (^^)/

f:id:zhizuchangle:20170920235124j:plain

f:id:zhizuchangle:20170920235120j:plain

八里の船着き場周辺もとても賑わっていた。 

f:id:zhizuchangle:20170920235106j:plain

道路を北上して、十三博物館(80元)に行った。

昨日の泰雅民族博物館もそうだけど、あんまり興味がわかない。

むしろ、中国の九一八歴史博物館とか戦犯労改跡のような日本侵略の歴史に関係がある博物館の方が面白い。

f:id:zhizuchangle:20170920235114j:plain

f:id:zhizuchangle:20170920235117j:plain

f:id:zhizuchangle:20170920235111j:plain

帰りは淡水河の西岸を南下する。

關渡大橋を渡って、レンタサイクル店に戻ると、ちょうど午後3時だった。

f:id:zhizuchangle:20170920235105j:plain

今回も 日焼け止めを忘れたため、十七公里サイクリングロードの時ほどひどくはないが、腕と顔が焼けてしまった。

f:id:zhizuchangle:20170921175446p:plain

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

選択制DCにデメリットはある?

f:id:zhizuchangle:20170914224719j:plain

選択制DCは、通常の企業型DCと異なり、会社は掛金を払いません。

従業員は給料の中から任意で掛金を払いますが、任意なので思ったほど加入者が増えない可能性もあります。  

選択制DCは会社の社会保険料をコストダウンできるため、会社はできるだけたくさんの従業員にできるだけ多くの掛金を拠出してもらいたいと考えます。

このため、運用利回りを高く見積もったり、メリットに偏重した説明をするかもしれません。

選択制DCは会社だけでなく、従業員にとってもメリットがある制度だと思いますが、デメリットも知っておくべきだと思います。

 

1.拠出金と運用益は非課税

説明では拠出時の掛金と運用時の運用益が非課税の部分を強調するので、ず~っと非課税と勘違いしている人もいるのではないでしょうか。

確かに、拠出時は給与所得に対する所得税がかからないし、運用時は利子所得や配当所得、譲渡所得に対しても所得税がかかりません。

しかし、受け取るときに、元本を含む年金資産全額を元に退職所得(または公的年金等所得)の計算を行うので、しっかり所得税と住民税がかかります。

たとえ元本割れを起こしていてもきっちり税金はかかります。

 

(試算例)

22歳で入社して60歳まで満額の33万円の掛金をかけ、32歳で年収が約650万を超えて、所得税率が10%から20%に上がると想定します。所得税率が10%の場合、単年度の節税効果は66,000円、20%に上がると99,000円、38年累計では3,432,000円になります。

f:id:zhizuchangle:20170903231308j:plain

一方、退職時に一時金として受け取ることにした場合、運用益を無視すると元本は1,254万(33万×38年)。会社の退職金が2,060万以上あれば、退職金で退職所得控除枠を使ってしまうので、確定拠出金には退職所得控除が使えず、税負担は1,453,500円です。所得税率が20%にもなるなら一部または全額を年金として受け取って所得税率を下げたほうがいいかもしれません。退職金を企業年金にして受け取るなど、退職所得控除枠がまるまる使える場合は税負担は0円になります。

f:id:zhizuchangle:20170904001231j:plain

上記仮定条件での節税効果額は、1,978,500円~3,432,000円となります。

 

結局、拠出金と運用益はずっと非課税というわけではなく、拠出時と運用時は課税されずに受取時まで課税が繰り延べされるが、(一時金で貰えば)給与所得より有利な退職所得として課税されると言うことです。

 

2.社会保険料が安くなる

社会保険料が安くなるというのも選択制DCのウリの一つとして言われますが、社会保険料の中の厚生年金掛金が減ることで将来の年金の受給額が減ってしまいます。

どのくらい減ってしまうのか、本来は等級変更による標準報酬月額の増減から影響額を求めるべきですが、簡便的に掛金自体を用いて試算してみます。

 

社会保険料の料率を仮に14%として、年にX万円の拠出金をN年間かけ続けた場合の社会保険料のトータルの削減額は

  X万円 × 14% × N年間 ・・・①

一方、X万円をn年間かけ続けた場合、厚生年金の1年あたり減額幅は

  X万円 × 0.005481(給付乗率)× N年間 ・・・②

①を②で割ると、25.5が導きだされます。

 

このことから、約25年年金を受給すれば、社会保険料減のメリットは年金受給額減によるデメリットと相殺され、25年を超えるとデメリットの方が多くなります。

65歳から年金を受給して、25年と言えば90歳です。

日本人男性の平均年齢は81歳なので9年分得をしますが、女性は87歳なので3年分しか得になりません。

社会保険料は安くなるけれど、男性は効果の9/25、女性は効果のほとんどが将来の年金給付減により相殺されてしまうと言えます。  

 

3.賞与と給与のどちらから拠出するか

賞与から拠出しても給与から拠出しても所得税・住民税の節税額は同じですが、社会保険料の軽減額は変わります。

賞与の場合、実支給額から千円未満を切り捨てた額が標準賞与額となって社会保険料が決まるので、拠出額に保険料率をかけた金額がほぼ軽減額になります。

一方、給与の場合は、実支給額ではなく、50等級に分けた標準報酬月額を元に保険料を計算しますので、拠出前と拠出後が同じ等級なら軽減額はゼロになります。

例えば、拠出前の報酬月額が51万円で2万円拠出して報酬月額が49万円になった場合、標準報酬月額は拠出前も拠出後も同じ30等級の50万円なので、社会保険料は軽減されません。

標準報酬 報酬月額
等級 月額
29 470,000 455,000 ~ 485,000
30 500,000 485,000 ~ 515,000
31 530,000 515,000 ~ 545,000

給与から拠出すると、標準報酬等級が変わらない可能性があるので、賞与から拠出する方が確実に軽減効果を享受できます。

給与から拠出する場合は、少額の拠出でも拠出前と拠出後の等級が変わって、拠出額以上の軽減額になる可能性もありますが。

 

また拠出後の1回の賞与が150万円を超える場合、厚生年金保険料(9.15%)の軽減効果はありません。

給与から拠出して、拠出後の標準報酬月額が62万円の場合も同様です。

1回の賞与が150万円以上あるけれど、標準報酬月額は62万円以下なら、給与から拠出した方が得になる可能性が高いです。

反対に、標準報酬月額は62万円だけれど、1回の賞与は150万円以下なら、賞与から拠出した方が必ず得になります。

1回の賞与が150万以上、標準報酬月額が62万なら、どちらから拠出しても同じです。

 

4.早期退職時の扱い

60歳までに早期退職する場合、今まで積み立てた金融商品をいったん全て解約した上で、個人型確定拠出年金金融商品に移行することになります。

従って、数年後に早期退職を考えているなら、売却手数料がかかるような金融商品は避けたほうがいいと思います。

私は会社に選択制DCが導入されることが分かっていたので、個人型確定拠出年金は全額定期預金にしています。

会社で選択制DCに加入する時も、数年後に早期退職する予定なので、全額1年定期預金に拠出するつもりです。

 

最後に

確定拠出年金に加入する際は、メリットだけでなく、デメリットも理解した上で加入すべきだと思います。

とは言っても、税金や社会保険料の計算はややこしいし、所得や受取方法などによって個々人で税計算も違うので、全ての従業員が理解できるように説明するのは大変です。

やはり、金融リテラシーの欠片もない従業員には、『掛金も運用益も非課税で社会保険料も安くなるよ!』とワンフレーズで説明するのがいいかもしれません (-ω-)/
 

zhizuchangle.hatenablog.com

烏來でトロッコに乗る

f:id:zhizuchangle:20170919205433j:plain

まだ一度も行ったことがなかったので烏来に行くことにした。

確実に座りたかったら、台北駅南側の青島駅から849番のバスに乗ればいい。

f:id:zhizuchangle:20170919210817j:plain

なおかつ、一番後ろの窓側に座った方がいい。

私は何も考えず前の方の席に座ってしまったのだが、お年寄りが乗ってきたので、止む無く席を譲ることになってしまった (´ω`)

一番後ろの席まではあまりお年寄りは来ないので良心の呵責なく座っていられる可能性が高いだろう。

そのことに気が付いたので、帰りはちゃっかり一番後ろに座った (-ω-)/

f:id:zhizuchangle:20170919205328j:plain

悠遊カードの記録によると、8時45分にバスに乗って、10時01分に終点の烏来に到着した。  

zhizuchangle.hatenablog.com

f:id:zhizuchangle:20170919205454j:plain

f:id:zhizuchangle:20170919205458j:plain

バス停から歩いて烏来老街に行く。

時間が早かったせいで人通りは少なかった。

写真右手に泰雅民族博物館があって無料で入れる。

ボランティアの人が説明してくれていたので少し聞いたが、あまり理解できなかった。

f:id:zhizuchangle:20170919205504j:plain

ロッコは日本統治時代に木材運搬に使われていたものを観光用に転用したそうだ。

2015年の台風被害によりずっと修復のため運休中だったのだが、今年8月末から運転を再開している。

本来は50元だが、9月末まで特別割引価格の30元だった。

f:id:zhizuchangle:20170919205615j:plain

烏来老街から烏来瀑布まで結んでいる。

f:id:zhizuchangle:20170919205508j:plain

烏来瀑布の真上にロープウェイがかかっていて、上空から滝を眺めることができる。

f:id:zhizuchangle:20170919205515j:plain 

f:id:zhizuchangle:20170919205523j:plain

f:id:zhizuchangle:20170919205521j:plain

麓側のロープウェイ駅。

ロープウェイ往復250元だが、トロッコの乗車券を見せると往復175元になる。 f:id:zhizuchangle:20170919205520j:plain

ロープウェイからの景色はとても綺麗。

f:id:zhizuchangle:20170919205558j:plain

f:id:zhizuchangle:20170919205526j:plain

ロープウェイを降りると雲仙樂園という遊園がある。

入場料はロープウェイ代に含まれている。

もはや鬼城(ゴーストタウン)と化していて、あちこちに放置された建物や使われていないプールがある。

ナイトスクープに出てくるパラダイスみたいな感じ w

園内を散策していると掃除をしていたお婆さんが話しかけてきて、「生意不好(景気が悪い)」と顔をしかめていた。

f:id:zhizuchangle:20170919205551j:plain

f:id:zhizuchangle:20170919205555j:plain

以前は別荘(コテージ)として使われていた建物。 

f:id:zhizuchangle:20170919205600j:plain

池の鯉にエサ(10元)を与えると、折り重なるように集まってきて面白い。

f:id:zhizuchangle:20170919205554j:plain

閑散とした園内。

f:id:zhizuchangle:20170919215940j:plain

再びロープウェイで麓まで降り、歩いてバス停まで戻る。

温泉地なので、湯船を時間貸しをしているお店が立ち並んでいたが、暑い台湾で温泉につかりたいとは思わないのでスルー。

最後に、バス停の近くのつり橋を渡る。

f:id:zhizuchangle:20170919205616j:plain

帰りは新店駅でバスを降りMRTで帰る。