おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

千島湖・八卦茶園・石碇老街(kkdayツアー)

f:id:zhizuchangle:20190901224109j:plain

台北の南にある千島湖に行くのに交通の便が悪そうなので、kkdayの現地ツアー(3,689円)に申し込んだ。

もちろん、支払は8月末のイオンの20%キャッシュバックを利用 (^^)v

台北駅集合

f:id:zhizuchangle:20190902174642j:plain

台北駅の東3門に9時集合。

kkdayから「オレンジ色の服を着たガイドが待っている」と書かれたバウチャーが届いていたがすぐに見つかった。

ガイドは蘆さんという年配の方だった。

f:id:zhizuchangle:20190902064315j:plain

参加者は、白人1人、台北の若いカップル、マレーシア華僑3人家族、そして私の合計7人。

白人と台北カップルが後部座席、マレーシア華僑が中央、私は助手席に座った。

台北カップルは白人と流ちょうな英語で話していたので、最初はてっきり海外在住の華僑と思っていたが、後できくと、留学もしたことがなく、自分で勉強してマスターしたとのこと。

留学もしたことがないのにペラペラ話せるなんて羨ましい。

千島湖

f:id:zhizuchangle:20190902174710j:plain

最初に向かったのが千島湖の「土虱頭觀景臺」。

土虱とはナマズの一種のようで、半島の形が土虱の頭に見えるかららしい。

f:id:zhizuchangle:20190902181004j:plain

千島湖は1959年に作られた人造湖で、台北300万人の飲み水を供給している。

このため湖での釣りは禁じられ、一日に一回巡視船が巡回しているとガイドが話してくれた。

ちょうど一隻の巡視船が湖を南下してきていた。

f:id:zhizuchangle:20190902181547j:plain

変わった綺麗な花が咲いていた。

f:id:zhizuchangle:20190902181550j:plain

少し下った「石碇千島湖觀景臺」というところでも記念撮影。

撮影スポットでは、ガイドの蘆さんが一組ずつ写真を撮ってくれた。 

f:id:zhizuchangle:20190902181758j:plain

写真の左下に見える「八卦茶園」に行く。

なぜ八卦というかと言うと、茶の葉っぱが縦と横に線が入っているからと言っていたと思う。

少し休憩ということで、茶園で売られていた豆腐アイスクリームを食べる。

観光客は20人弱ぐらいしかいない。

f:id:zhizuchangle:20190902182716j:plain

このあと、楽しみにしていたのが「金瓜寮溪觀魚蕨類步道」のハイキングで、林の中の山道を1時間ぐらい歩けるのだと思っていた。

ところが、歩いたのは「逮魚堀溪自行車道」という平坦なコンクリートで舗装された道でがっかり。

f:id:zhizuchangle:20190902183037j:plain

ガイドは先に車で行って途中まで歩いて迎えに来る。

歩いていると、白人が英語で話しかけてきたので、やむなく苦手な英語で会話をする。

私のリスニングに間違いがなければ、彼はイスラエル人でテルアビブのGoogleで働いていて、2週間の休暇を利用して台湾にやってきたらしい。

私が日本人と知ると、彼はアニメが好きで、「NARUTO」や「進撃の巨人」は好きかと聞かれた。

私を何歳だと思ったのだろう・・・。

f:id:zhizuchangle:20190902213801j:plain

英語を話すのは苦痛なので、イスラエル人は台北カップルに任せて、そそくさと離れて前を歩くマレーシア人家族と話した。

彼らの祖先は元々福建省泉州出身で、閩南話、マンダリン、マレー語、英語の4ヶ国語が話せるらしい (゚д゚)!

子供が台湾に留学しているので、遊びにやってきたそうだ。

英語圏や中国本土でなく、なぜ台湾なのかと思ったが聞かなかった。

f:id:zhizuchangle:20190902215354j:plain

ガイドが持ってきたパンくずを橋の上から魚に与える。

f:id:zhizuchangle:20190902215524j:plain

石碇老街

次に向かったのが石碇老街。

2時に集合と言われ、台北カップル、イスラエル人と一粒粽という粽の店に行く。

招牌という傳統古早粽(45元)を食べるが味はイマイチだった。

f:id:zhizuchangle:20190902220016j:plain

f:id:zhizuchangle:20190902215649j:plain

3人から離れて、老街の中を歩く。

台湾のあちこちに老街と呼ばれる場所があるが、石碇老街は本当に鄙びた通りだった。

f:id:zhizuchangle:20190902220427j:plain

 中には百年前の石造りの家が残っていたりする。 

f:id:zhizuchangle:20190902220407j:plain

下の写真の右の建物の中に通りがある。

f:id:zhizuchangle:20190902221009j:plain

特にお腹は空いていないので、淡蘭古道石碇外按古道というハイキングコースの方に行ってみる。

こういったハイキングコースが歩きたかったな。 

f:id:zhizuchangle:20190902221128j:plain

f:id:zhizuchangle:20190902221118j:plain

小魚やら大きな魚がいっぱい泳いでいた。

f:id:zhizuchangle:20190902221543j:plain

深坑老街

最後に向かったのが臭豆腐で有名な深坑老街。

ここでも3時半まで1時間の自由行動。 

f:id:zhizuchangle:20190902221640j:plain

三峡老街とか台北の迪化街とか、老街ってどこも似たり寄ったりな建物でどこも同じような観光地にしか見えない。

f:id:zhizuchangle:20190902221650j:plain

f:id:zhizuchangle:20190902222332j:plain

やたらフルーツかき氷が食べたくなって、探したけれど見つからず、あきらめて豆花を食べる(45元)。

f:id:zhizuchangle:20190902222348j:plain

あまりお腹が空いていなかったのだけど、せっかく来たから臭豆腐を食べる(40元)。

f:id:zhizuchangle:20190902222503j:plain

臭いはあまりきつくなくて普通に食べられたが、食べたらお腹いっぱいになった。

f:id:zhizuchangle:20190902222508j:plain

台北駅に着いたのは4時過ぎだった。

費用内訳にガイドへのチップ100元というのが書かれてあって、どのタイミングで払えばいいのなと思っていたら、車を降りる時にガイドが自ら「じゃあチップを一人100元払ってください」と言った。

ガイドも言い出しにくいだろうし、最初から料金に込みにしておけばいいのにと思う。

f:id:zhizuchangle:20190902223428j:plain

個人的には、老街のような食べ歩きしたり土産物を見たりするところはあまり興味がないので自由時間を持て余した。

また、もっとハイキングコースを歩けると思っていたのに、少ししか歩けなくて残念だった。

前回申し込んだ花蓮・太魯閣ツアーはとてもよかったけど、今回のは自分には余り向いていなかったと思う。

再来週の4連休は山道をがっつり6時間歩くツアーに申し込んだ (-ω-)/

今日みたいに晴れることを祈る。

f:id:zhizuchangle:20190902231444p:plain

www.kkday.com

zhizuchangle.hatenablog.com

滞在中の食事

杭州小籠包

いつもの杭州小籠包に、いつものように開店時間に行って、いつもの席で、いつものように小籠包、南瓜糕、元盅鷄湯を食べる。

当然、支払は20%OFFキャンペーン中のイオンカード (^^)v

f:id:zhizuchangle:20190903075639j:plain

f:id:zhizuchangle:20190903075640j:plain

f:id:zhizuchangle:20190903075643j:plain

f:id:zhizuchangle:20190903075656j:plain

伍條通手工米苔目

f:id:zhizuchangle:20190903075707j:plain

燒肉飯(65元)は小骨が混じっててちょっと食べにくかった。

f:id:zhizuchangle:20190903075713j:plain

豬肝湯(30元)はレバーたっぷり!

f:id:zhizuchangle:20190903075718j:plain

鯊魚煙(60元)を食べるのは2回目。

少し食べるだけならまあいける。

f:id:zhizuchangle:20190903075723j:plain

西門のタピオカミルクティー(30元)。

お昼から食べ過ぎでタピオカは残してしまった。

f:id:zhizuchangle:20190903075734j:plain

温州大餛飩

kkdayの一日ツアーから帰って小腹が減ったので、台北でよく見かける温州大餛飩でワンタンを食べる(65元)。

f:id:zhizuchangle:20190904124339j:plain

四海豆漿大王

鹹豆漿と肉包(50元以下)。

サンドイッチより安くてお腹がいっぱいになる。

f:id:zhizuchangle:20190904124344j:plain

今回も伍條通手工米苔目以外は馴染みのお店ばかり行った。

お腹いっぱいで伍條通手工米苔目で米苔目を食べれなかったのでまた行こうと思う。