おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

会社を辞めるきっかけ

f:id:zhizuchangle:20171205223339j:plain

会社をいつ辞めるか。

春の面談で「55歳までに辞める」と話したときは、55歳まではモチベーションがもたないと思ったからで、明確に時期を決めたわけではない。

その後、今後の仕事の予定とか、自分の年齢を考えて、キリのいい勤続40年がいいかなとなんとなく考えている。

貪小便宜な私なので、40周年記念が欲しいというせこい理由もある。

けれど、勤続40年で辞めるというのはあくまで私の都合に過ぎない。

ひょっとしたら会社の何かがきっかけで辞める決断をするかもしれない。

 

それがリストラによる早期退職なら唯一の「惊喜」だ。

望外の割増退職金がもらえて、踏ん切りよく辞めることができる。

ただ、メガバンクみたいに大々的に宣言してくれるなら実施を待つこともできるが、今の業績からすると当面、望み薄な気がする。 

他の要因としては望ましくないことしか思いつかない。

リストラだって普通の会社員には望ましくないことだけど・・・。

 

一つは、他部門や他事業所への異動だが、ほとんど可能性はない。

私を受け入れたいという部門はないだろう (´ω`)

万が一、異動の辞令が出た場合、今さら新しい部門で仕事を覚える気も人間関係を構築する気もないから、とっとと辞めると思う。

 

もう一つが、リストラではない待遇や年収の悪化。

私はみなし残業で給料をもらっているのだが、私の会社は世の流れに反して、悪しき時間管理に傾いている。

時間管理になると、定時退社の私にとっては大減収。

たとえ会社の言い分が妥当であったとしても、著しく既得権益を侵されたら、すっぱり辞める方向に傾くと思う。

実は、この可能性が一番高いんじゃないかと思っている (-ω-)/