おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《バイトの品格》

五十而知天命、正社員から連休5日制のバイト社員になりました

ガンガラーの谷・中城城跡・果報バンタ(沖縄3日目)

f:id:zhizuchangle:20210405203326j:plain

朝食

2日目は和食にした。

豚の生姜焼きは冷めてるし、脂が多くて味付けも薄い。

玉子焼きが一切れだけなのもしょぼい。

f:id:zhizuchangle:20210407200335j:plain

スカイレンタカー

今日は晴れそうだったので昨日レンタカーを予約しておいた。

軽自動車がよかったが空いてなかったのでコンパクトカーにした。

当日返し、8時から19時までで2,398円。

前回ぐらいから運転に慣れてきたのでワイド保障はつけてない。

でも年が明けてからずっと運転してないから3か月ぶりか。

相変わらず車に興味がないので、どこのメーカーのなんという車種か今も不明。 

スカイレンタカー那覇店はスタッフが2人しかいないので、朝は混みあっていてしばらく待たされた。

f:id:zhizuchangle:20210405203422j:plain

ガンガラーの谷

おきなわワールドの道路の向かいにある。

これも前日にネットからツアー申込をしておいた(2,500円)。

朝いちばんの9時40分のツアーに申し込んでおいた。

8時過ぎにレンタカーを借りれば余裕で間に合う。

f:id:zhizuchangle:20210405203448j:plain

ケイブカフェ

洞窟のなかのカフェ。

ここでツアー料金を支払って出発まで待つ。

f:id:zhizuchangle:20210405203605j:plain

歩くガジュマル

ガジュマルは気根と呼ばれる細い枝のような根っこを垂らして、根が地面に着いたら太い支持根になるそうだ。

このガジュマルは気根を垂らして左の方向に少しずつ移動している。

f:id:zhizuchangle:20210405203713j:plain

イナグ洞

女性の洞窟だそう。

f:id:zhizuchangle:20210407210954j:plain

女性の乳房みたいな鍾乳洞があるのかな。

入り口からは何も見えない。

f:id:zhizuchangle:20210407211031j:plain

イキガ洞

こっちは男性の洞窟で中に入れる。

横を川が流れている。

f:id:zhizuchangle:20210405203749j:plain

中は暗いのでグループ単位でランタンを持って洞窟に入る。

f:id:zhizuchangle:20210405203817j:plain

20mほど歩くと男根の形をしたでっかい鍾乳洞があった。

f:id:zhizuchangle:20210405203841j:plain

ガンガラーの由来

このトンネルはガンガーラの谷と沖縄ワールドの間の道路。

昔は小高い丘があり割れ目があった。

その割れ目に小石を投げ入れると「ヒュー、ガン、ガン、ガラガラ~」って音がしたからだって・・・。

f:id:zhizuchangle:20210407211713j:plain

大主(ウフシュ)ガジュマル

たぶん、このツアーの目玉だと思われるガジュマルの大木。

ガジュマルの向こう側は両側の崖が一部繋がっているので、昔この一帯は、鍾乳洞の洞窟だったのが、中央部分が崩れてこのような谷になったと思われる。

f:id:zhizuchangle:20210405203953j:plain

f:id:zhizuchangle:20210405204129j:plain

ガジュマルの大木の近くに石積みの構築物がある。

でもガイドは説明をスルーして一言も触れず。

後で聞いたら、400年ぐらい前の墓地で、現在も子孫の人が祭っているとのこと。

f:id:zhizuchangle:20210405204209j:plain

ツリーテラス

木の上にテラスを作っているのは、昨日、博物館で見た港川人の遺骨が見つかった場所が見渡せるから。

なお、見つかったのは、私が撮ったこの方向じゃなくて、ガンガラーの谷の近くを流れる雄樋川の河口付近の崖の割れ目。

だから港川人もおそらくこのガンガラーの谷の洞窟に来ていたであろうと・・・。

f:id:zhizuchangle:20210407212634j:plain

武芸洞

最後の観光スポット。

f:id:zhizuchangle:20210405204347j:plain

ここで縄文時代晩期(約2500年前)の石棺墓と人骨が発見された。

これも博物館に展示されてたっけ。

なお港川人は約2万年前なので、ここで発掘された人骨よりはるかに古い。

f:id:zhizuchangle:20210405204416j:plain

ツアーの出口はなんと沖縄ワールドのハブ博物公園前(無料エリア)。

9時40分スタート、11時過ぎ解散と約1時間のツアーだった。

スネークショーをもう一回見たかったが、ちょうど11時に始まったところだったのであきらめる。

f:id:zhizuchangle:20210405204704j:plain

中城(なかぐすく)城跡

世界遺産に指定されている(入場料400円)。

f:id:zhizuchangle:20210405204831j:plain

チケット売り場から正門までカートで送ってくれるが、そんな遠くないので健康のために歩いた。

f:id:zhizuchangle:20210405204803j:plain

カンジャーガマ(鍛冶屋跡)

場内で出会ったのは老夫婦と若い女性の3人のみでガラガラ!

f:id:zhizuchangle:20210405204859j:plain

上の写真右側の凹んだ部分はカンジャーガマ(鍛冶屋跡)と言われている。

f:id:zhizuchangle:20210407220700j:plain

正門

f:id:zhizuchangle:20210405205043j:plain

正門の右手、城壁の右側に穴が空いているのは日本軍壕跡。

城壁の奥に壕を掘ろうとして城壁の下部を爆薬で破壊したが、作業の途中で南への移動命令が出たために作業を中断したのだとか。

おかげで中城城跡は米軍との戦争に巻き込まれず、良好な保存状態を維持できた。

f:id:zhizuchangle:20210405205204j:plain

南の郭

拝所「小城(くーぐすく)ノ御イベ」

久高島を拝む、通称久高遙拝所(うとうし)。

f:id:zhizuchangle:20210407221022j:plain

拝所「御當蔵火神(うとうくらひぬかん)」

首里グスクを拝む首里遙拝所(うとうし)

f:id:zhizuchangle:20210405205254j:plain

綺麗な百合の花が咲いている。

f:id:zhizuchangle:20210405205339j:plain

拝所「雨乞いの御嶽(うたき)」

f:id:zhizuchangle:20210407222102j:plain

一の郭

中城は六つの郭で構成されている。

城壁は主に琉球石灰岩の切り石で積まれていて、14世紀後半頃から1440年にかけて作られた。

f:id:zhizuchangle:20210407222311j:plain

f:id:zhizuchangle:20210405205409j:plain

f:id:zhizuchangle:20210405205448j:plain

拝所「中森の御イベ」、通称:着替御嶽(ちげーうたき)

f:id:zhizuchangle:20210407222653j:plain

二の郭

f:id:zhizuchangle:20210407223125j:plain

拝所「シライ富の御イベ」

場内には8つの拝所があるそうだが5つしか写真を撮ってない。

あとの3つは見過ごしたようだ。

f:id:zhizuchangle:20210407222703j:plain

二の郭は城壁に登れるので、海が見渡せる。

二つのタンクはGoogleマップで調べると、沖縄電力の吉の浦火力発電所とあった。

f:id:zhizuchangle:20210405205617j:plain

三の郭

二の郭の城壁の上から見下ろしたところ。

f:id:zhizuchangle:20210405205700j:plain

西の郭

西の郭は立入禁止。

f:id:zhizuchangle:20210407224000j:plain

大井戸(うるがー)

北の郭の階段を下りていくと井戸がある。

城郭内に水を確保していたことがこの城の特徴だそう。

f:id:zhizuchangle:20210405205817j:plain

今でも右手の窪みに水が溜まっていた。

f:id:zhizuchangle:20210405205855j:plain

あまり清潔とは言えなさそう・・・。

f:id:zhizuchangle:20210407224307j:plain

裏門

f:id:zhizuchangle:20210407224441j:plain

去年行った今帰仁城跡より、中城城跡の方が保存状態がよくて立派な感じ。

f:id:zhizuchangle:20210405210015j:plain

果報バンタ(カフウバンタ)

ここまできたらまた海中道路と果報バンタが見たくなった。

海中道路

f:id:zhizuchangle:20210405210101j:plain

f:id:zhizuchangle:20210407230437j:plain

去年、海の駅あやはし館に来たとき、沖縄独自の緊急事態宣言で2階の展示室は閉鎖していたので見られなかった。

今回は見れると思ったら、月曜日は休館日でまたしても見れず・・・。

f:id:zhizuchangle:20210405210140j:plain

小腹がすいたので天ぷらを食べる。

f:id:zhizuchangle:20210405210253j:plain

もずく、ゴーヤー、アーサ、紅あずまいもを食べる(410円)

紅あずまいもがおいしかった。

f:id:zhizuchangle:20210405210306j:plain

立体歩道橋の上から写真を撮った。

海の中央を道路が一直線に伸びていてとてもきれいだ。

f:id:zhizuchangle:20210405202838j:plain

f:id:zhizuchangle:20210405210809j:plain

遠浅の海なので、引き潮のときはあたり一面が砂州になっていたっけ。

f:id:zhizuchangle:20210407230516j:plain

果報バンタ

ここからの海の眺めが今まで見た中で一番きれい。

f:id:zhizuchangle:20210405210947j:plain

深さに応じて海の色が少しずつ変わっている。

f:id:zhizuchangle:20210407231315j:plain

果報バンタの傍のぬちまーす観光製塩ファクトリーでぬちまーすアイスクリームを食べたかったのに、二階のレストランは休業中だった (-_-)

製塩ファクトリーの説明をしていたので拝聴する。

「ぬち」は命、「まーす」は塩という意味だそうだ。

f:id:zhizuchangle:20210405211025j:plain

目視で不純物が混ざっていないか検査している。

こんな辛気臭い仕事むりー。

f:id:zhizuchangle:20210407231854j:plain

両親へのお土産にぬちまーす250gを購入(1,080円)。

f:id:zhizuchangle:20210405211050j:plain

ぬちまーす観光製塩ファクトリーの脇にある龍神風通というパワースポット。

f:id:zhizuchangle:20210405211156j:plain

同じく、はなり獄というパワースポット。

信じてないけど。

f:id:zhizuchangle:20210407232250j:plain

伊計大橋

ついでに伊計大橋からの景色も見に行く。

f:id:zhizuchangle:20210405211242j:plain

f:id:zhizuchangle:20210405211316j:plain

前に来た時よりも満ち潮だったので、海の底まではっきり見えなかった。

f:id:zhizuchangle:20210407232456j:plain

余裕をもって車を返そうと思ったので、那覇市内に戻る。

最寄りのガソリンスタンドで給油(836円/@128円)して5時前に返却。

いったんホテルに帰る。

ブログを書きながら、勝連城跡も世界遺産だと知った。

中城城跡から果報バンタに行く途中でよればよかった ('ω')

青島食堂(台湾料理

昼ごはんは天ぷらを食べただけでお腹が減っていたので、水餃子を食べにいく。

f:id:zhizuchangle:20210407232611j:plain

皮蛋豆腐(300円)

f:id:zhizuchangle:20210407232619j:plain

麻婆茄子(700円)

f:id:zhizuchangle:20210407232625j:plain

酸辣湯(600円)

f:id:zhizuchangle:20210407232637j:plain

水餃子(600円)

f:id:zhizuchangle:20210407232652j:plain

酸辣湯がどんぶり一杯だったのでお腹いっぱいになった。

とんねるずのみなさんのおかげでした』で紹介されたそうでKITANACHELINの像があった。

他の客が写真を撮っていて、店主が教えてくれたが、私は『とんねるずのみなさんのおかげでした』は見てなかったので全然知らない。

f:id:zhizuchangle:20210407232706j:plain
f:id:zhizuchangle:20210407195112p:plain