おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、毎日定時退社&有給フル消化の正社員から週休5日、日給5.6万円、半分在宅勤務のハケン社員になりました

最後の保険証と国民健康保険料の値上げ

最後の保険証

セミリタイアしてバイトをしてるが、会社の健康保険組合に入れない(週20時間未満労働)ので、国民健康保険に入ってる。

4月以降の新しい保険証が自治体から送られてきた。

来年からはマイナ保険証になるので、最後の保険証らしい。

マイナンバーカードを保有してない場合は「資格確認書」を申請して代替できるらしいが、原則、マイナ保険証にして誰がどこの医療機関でいくらかかっているかガラス張りにして、薬を転売してるナマポや貧困ビジネスやってる医者を監視したほうがいい。

というか、ナマポの全額無料をやめるべき。

無料は乞食が湧いてくるからよくない。

台中のYouBikeも30分無料だったから、歩ける距離でも借りてたもん。

国民健康保険料の値上げ

市区町村毎にまちまちな算定方法を県単位で統一するらしい。

労使折半じゃないから、正社員のときよりたくさん保険料を払ってる。

保険料を少しでも安くするため、ナマポのせいでバカ高い大阪市じゃなく、実家の自治体に住民票を移してる。

実家の市町村のほうが高齢化率めちゃくちゃ高いのに、なぜか料率は低かった。

ところが上記により算定方法が変更になる。

今年の納付見込額は改定前が334,200円、改定後は374,300円

なんと40,100円も保険料負担増 😡

でも、もし大阪市民だったら同じ所得でも480,900円😨

住民票を移すだけで106,600円の節約😙

大阪市民ならいい医療が受けられるわけでもないのに、制度が腐ってる。

zhizuchangle.hatenablog.com