おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

Trip.comと携程(Ctrip)の鉄道チケット予約の違い

f:id:zhizuchangle:20190414110824j:plain

最近気づいたが、LINEトラベルはよく10%ポイント還元をやっている。

今やっているのはBooking.comのホテル予約で10%還元。

Booking.comカードやMoppy経由は5%還元なので、LINEトラベル経由Booking.comのほうが得だ。

6月までのホテルをすべてLINEトラベル経由Booking.comで予約した。

1月には20%還元をしていたようで、その時に知っていたら半年分くらいまとめて予約したのに・・・。

f:id:zhizuchangle:20190414092041p:plain

 

GWの語学留学をもともと4月27日出発予定だったのを、大学が休講だったので5月3日にずらしたが、やはり近場の都市に小旅行しようと5月1日出発に変更した。

2年前に瀋陽、去年は丹東に行ったので、今回は長春に行くことにした。

往きの高速鉄道は携程(Ctrip)で予約して、帰りはTrip.comで予約した。

携程とTrip.comは同じ旅行社で、Trip.comで右上の言語を简体中文にすれば携程の画面に遷移する。

同じ旅行社だが、往きと帰りで使い分けたのには理由がある。

決済方法の違い

Trip.comはクレカ決済できるが、携程は支付宝や微信支付での決済になる。

携程の決済方法にも「信用卡」があるが日本のクレカは受け付けない(少なくとも私のANA JCBは受け付けなかった)。

クレカ決済のほうがポイントやマイルを稼ぐことができるので、基本的にはクレカ決済ができるTrip.comを使う。

携程は予約の変更ができる

携程の画面には「申请改签」のボタンがあって予約の変更ができる。

間に合わなそうだからもっと遅い便に変更したいとか、用事が早く終わったので早い便に変更したいとき、発券前であればアプリ上で今持っている予約を変更できる。 

f:id:zhizuchangle:20190414093723p:plain

大連-長春は携程で予約

ところが、Trip.comには「払い戻す」しかないので、変更したい場合は新規で発券し直すしかない。 

24時間以内の払戻の場合、20%の手数料がかかる。

(追記)スマホでは「予約変更」のボタンが表示されて、予約が変更できた。

f:id:zhizuchangle:20190414094148p:plain

長春-大連はTrip.comで予約

往きは飛行機の遅れ等で予約した便に間に合わない可能性もあるので変更ができるよう携程で予約したが、帰りはホテルから駅に向かうだけで遅れることはまずないのでクレカが使えるTrip.comで予約した。

携程はキャンセル待ちできる

携程は乗りたい便が売り切れていても「抢票」といってキャンセル待ちが可能。

お金をいったん払う必要があるが、3日前ぐらいになってキャンセル待ちが出始めたときに運がよければチケットをゲットできる。

キャンセル待ちの方法にも何通りかあって、当然のことだが、お金をたくさん払うほど成功する確率は高くなる。

f:id:zhizuchangle:20190414102510p:plain

Trip.comは「売り切れ」と表示されるだけでキャンセル待ちできない。

f:id:zhizuchangle:20190414102506p:plain

今回、数日前に予約しようと思った時は、高速鉄道の二等席はキャンセル待ちしかなかったのでいったん「抢票」でキャンセル待ちしておいた。

土曜日に見たら新たに空席が増えていたので、「抢票」は取消して、新規で別の便を予約したので、「抢票」で最終的に取れたのかどうかは分からない。

「抢票」で払ったお金は取消した当日すぐに支付宝の決済口座に返金された。

予約管理は別々で不便

Trip.comで予約した予約や過去の履歴は携程からは照会できないし、その反対もできない。

プロフィールやログイン情報は共用なのに、予約が別管理なのは不便。