おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

家計簿(2019年1~3月)

f:id:zhizuchangle:20180526054723j:plain

対計画比

  第1四半期(1月~3月)
  予算 実績 差異
住居費 195,000 195,000 0
光熱費 25,000 27,534 ▲2,534
通信費 20,000 23,374 ▲3,374
教育費 24,000 22,400 1,600
会費 25,000 25,398 ▲398
娯楽費 25,000 25,626 ▲626
(固定費) 314,000 319,332 ▲5,332
食費 82,500 70,259 12,241
医療費 12,500 3,526 8,974
衛生費 10,000 8,361 1,639
車両関係費 0 892 ▲892
交通費 10,000 12,455 ▲2,455
交際費 210,000 200,000 10,000
被服費 5,000 374 4,626
備品費 25,000 6,700 18,300
旅行関係費 250,000 245,858 4,142
雑費 2,500 ▲2,574 5,074
変動費 607,500 545,851 61,649
(支出計) 921,500 865,183 56,317

食費

LINEなどでもらったクーポンを利用する場合、キャッシュアウトだけをネット処理せず、クーポンは収益計上、クーポン利用額も含めて費用処理するようにした。キャッシュアウトだけ記帳したのでは過少計上になるからだが、逆にクーポンをもらわなければ使わなかったであろう支出もあるのでどう記帳するか悩ましい。

副収入

収入は表には記載していないが、オークション収入が15,000円あった。また、PayPayのキャッシュバック、ポイントの換金などの雑収入が62,000円あった。雑収入には正月に叔母がくれた30年ぶりのお年玉5,000円も含まれる ('ω')ノ 

対前年比 

  第1四半期(1月~3月)
  前年 今年 差異
住居費 195,000 195,000 0
光熱費 30,273 27,534 2,739
通信費 ▲4,967 23,374 ▲28,341
教育費 17,400 22,400 ▲5,000
会費 24,630 25,398 ▲768
娯楽費 26,428 25,626 802
(固定費) 288,764 319,332 ▲30,568
食費 73,087 70,259 2,828
医療費 6,860 3,526 3,334
衛生費 5,495 8,361 ▲2,866
車両関係費 110 892 ▲782
交通費 7,464 12,455 ▲4,991
交際費 215,240 200,000 15,240
被服費 0 374 ▲374
備品費 46,770 6,700 40,070
旅行関係費 157,805 245,858 ▲88,053
雑費 7,248 ▲2,574 9,822
変動費 520,079 545,851 ▲25,772
(支出計) 808,843 865,183 ▲56,340

光熱費

電力会社を変更して一年経過したが、年間で13,000円の削減効果があった。使用量が前年より増えた月でさえ、基本料金が安いせいでトータル請求額では減った。

f:id:zhizuchangle:20190415224049p:plain

zhizuchangle.hatenablog.com

通信費

前年はキャッシュバック(+26,000円)という特殊要因があった。3月にGMOからFuji WiFiに変更した。支払のダブり期間が発生することなく上手に乗り換えできた。

教育費

TOCFL華語文能力測験(▲5,000円)に申し込んだ。

備品費

体重計(▲1,599円)やクレードル(▲3,121円)等の購入。Fuji WiFiのレンタルにクレードルがついてなくて想定外の支出になった。 

旅行関係費

前年比で大幅な赤字だが、チケットやホテルはカードを使った段階で 費用参入しているので、旅行に行った月と一致していない。年間を通していくらになるかは締めて見ないとわからない。

総括

簡単に手が付けられる固定費の見直し昨年までにやり切った感があるし、10月からは消費税増税があるので、今年は去年よりも支出が増えるのではないかと思う。

顺其自然、なるようになるって感じで。

そろそろ来年の退職年のキャッシュフローも計算してみようと思う。