おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

両親のマイナンバー 公金受取口座と健康保険を登録

帰省したついでに、両親のマイナンバーカードの公金受取口座の登録と健康保険の利用申し込みをした。

以前はマイナポータルにログインするのに、PCにICカードリーダーをつないでマイナンバーカードを読み取る方法しかなかったが、今はNFC機能のあるスマホで読み取ってログインできるので手軽になった。

  • マイナンバーカード(4桁の暗証番号)
  • NFC機能のあるスマホ
  • 預金通帳(キャッシュカード)

預金通帳の口座名義人はマイナンバーカードの所有者と一致してないといけない。

両親それぞれのマイナンバーカードと預金通帳を用意して、それぞれ公金受取口座を登録して、健康保険の利用申し込みをした。

公金受取口座の登録で7,500円相当、健康保険の利用申し込みで7,500円相当、合計15,000円分のポイントが6月以降に加算されるはず。

父のポイントは私がもらって、母のは母のWAONにつく。

前回もそうだが、両親は今回のポイント付与のことも全く知らなかった。

たぶんほとんどの高齢者は似たようなもんだろう。

情弱は損する世の中。

もっとも高齢者は他の部分でいっぱい得してるけど。

zhizuchangle.hatenablog.com