おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

昇給額が予想より多かったので悲しい!

f:id:zhizuchangle:20190425230252j:plain

2019年の昇給額

4月初旬に定期昇給とベアの金額が決まった。

世間一般でもそうだが、アベノミクスのメッキが剥がれてきたので、昨年よりも低い水準で妥結した。

但し、会社平均での金額なので、私個人の昇給額は給料をもらうまでわからない。

過去の推移は以下の通り。

2015年 7,000円

2016年 7,000円

2017年 5,500円

2018年 6,000円

昨年より低い妥結額だったので、私の昇給額は5,000円か5,500円だと思っていた。

ところが、実際は6,000円だった ( ノД`)シクシク…

なぜ予想より多いのに悲しいのか、それは6,000円だと反対に手取りが減るからだ。

社会保険料の負担増

下表は厚生年金保険料額表である。

標準報酬月額は38万円以上は3万円単位なので、1ランク上がると2,745円(3万円×9.15%)厚生年金保険料の負担が増える。 

f:id:zhizuchangle:20190408201539j:plain

同様に健康保険料も1,053円(3万円×3.51%)の負担増、介護保険料も246円(3万円×0.82%)の負担増となる。(※パナの健保組合の料率を借用)

f:id:zhizuchangle:20190408202201p:plain

等級が変わると、厚生年金、健保、介護保険の3つで4,044円/月の負担増になってしまう。 

社保負担増による可処分所得の逆転

去年の報酬月額は、次の等級の下限まで2,500円しか余裕がなかった。

このため、今年の4月~6月の算定期間の報酬月額を減らそうと、福利厚生ポイントの利用を7月以降に遅らせた。

これにより、算定期間の報酬月額を3,500円減らして、次の等級まで6,000円の余裕幅をもたせ、昇給が6,000円未満なら等級が上がらないようにしておいた。

ところが、昇給額がちょうど6,000円だったので、折角の苦労が水の泡、一つ上の等級の下限額になってしまった。 

  パターン1 パターン2
昇給幅 6,000 5,500
社保増 ▲4,044 0
税金増 1,800 1,650
156 3,850

昇給額が6,000円と5,500円の場合を比較すると、昇給幅は500円多くても、社会保険と税金の負担増で、実質的な実入りは5,500円の方が3,694円(年間44,328円)多くなる逆転現象が起きる。

しかも、昇給6,000円だと僅か156円しか可処分所得が増えない orz

去年より妥結額が低かったのに、意に反して私の昇給額は去年と同じだったので、実入りが減ってしまった (´ω`)

報酬月額を調整して社保の等級をうまくコントロールしつもりだったのに無念。 

それもギリギリ等級の下限にひっかかったのがムカつく・・・。

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com