おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

マネーフォワードで資産管理をはじめた

f:id:zhizuchangle:20210113082554p:plain

銀行や証券会社の資産残高を管理するのに、無料のMoney Lookというサービスを使っていたが、昨年でリニューアルされて銀行残高しか把握できなくなった。

それで、年初からマネーフォワードを使い始めてみたその感想。

プレミアム機能

月額500円で最初の一ヶ月はお試し期間で無料。

連携する金融機関が10件以下ならずっと無料で利用できるが、利用できる機能が制限される。

f:id:zhizuchangle:20210117160305p:plain

便利な点

入出金通知メール

出金されたらメールで教えてくれるのは、普段使わない口座から不正に引き出されたときに早期に検知できていいと思う。

f:id:zhizuchangle:20210117161315p:plain

ポイント有効期限アラーム

ポイ活をやっていると、スマホ決済アプリなどいろんな期間限定ポイントがついて有効期限を管理するのが大変になってくる。

有効期限が近付くとアラーム機能で教えてくれるのは、使い忘れを防いでくれるので便利。

資産内訳グラフ

年2回、各銀行や証券会社のHPで残高を調べてエクセルで集計、グラフを作成していたのが、日々、ボタン一つで残高更新ができて資産内訳グラフまで作ってくれるのはとても便利。

スマホでも確認できるので、どこでもマネーフォワードを見てにやにやできる
(・∀・)ニヤニヤ 

f:id:zhizuchangle:20210127165848p:plain

不満な点

外貨未対応

外貨建資産が円貨換算額でしか表示されない。

外貨種類別資産残高と円換算評価額の両方が表示されたら便利なのに。

一部の金融機関や金融資産が未対応

金融機関によっては、一部の金融資産が連携されない。

普通預金は連携されるけど、定期預金が連携されない金融機関があった。

当然ながら海外金融機関も未対応。

未対応資産はマニュアルで残高登録している。

預金内訳が普通と定期に分かれていない

資産レポートやグラフで普通預金と定期預金が分類されず「預金」一本になる。

流動性のある預金残高がいくらあるのかグラフでわからない。

別途、「グループ」機能を使えば、普通預金の金額を集計することは可能。

家計簿機能はイマイチ

入出金データから家計簿を作成する機能は粗すぎて使い物にならない。

大体の傾向がつかめたらいいという人にはいいと思う。

別途、家計簿ソフトを使っているし、あまり期待はしてなかった。

電子マネー・ポイントの種類が不十分

d払いやLINE PAYはあるけど、Pay Payとメルペイが対応していない。

LINE PAYはあるのにLINEポイントはないのも片手落ち。

f:id:zhizuchangle:20210116101330p:plain

細かい点で不満点はあるものの、集中して残高管理ができて、スマホでいつでもどこでも見られるのは楽なので当面は使い続けるつもり。