おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

巨大な龍が巻きつく塔 ワットサムプラン

 f:id:zhizuchangle:20181222175212j:plain

塔の周りに巨大な龍が巻きついているワットサムプランに行く。

タイに来てこんな遠出をするのは とても久しぶり。

BTSシーロム線終点のバーンワー駅で下車。

4番出口の階段を降りたら直進、セブンイレブン前のバス停で84番路線バスを待つ。

(注意!)黄色の84番のバス停は、セブンイレブン前ではなく、さらに100mほど先だと当ブログを読まれた方からコメントをいただきました。

f:id:zhizuchangle:20181225214933p:plain

 

84番のエアコンバスが来たので乗り込んだ。

集金に来た車掌にワットサムプランの写真を見せてここに行きたいと言うと、エアコンバスは行かないと言われた。

どうやらワットサムプランに行くのは黄色い84番のバスだけのようだ。

下のエアコンバス赤バスはワットサムプランには行かないようなので注意!

f:id:zhizuchangle:20181222180840j:plain

次のバス停で降ろしてもらって、黄色のバスを待つが 全然やってこない。

バス停の手前に大きな柱があってバスが来るのが見えないが、停まってくれるだろうと座って待っていたら見事に素通りしていった (゚д゚)!

やっぱ日本と違って、バスが来ていないかずっと見張ってないとダメだ。

タクシーで行くと片道400バーツ近くかかるようだが、400バーツ払ってまで行きたいわけではないので、ひたすら次のバスを待つこと小一時間、ようやくバスがやってきた。

タイムラインを見ると、実に9時から9時50分まで待っていた・・・。

f:id:zhizuchangle:20181222181046j:plain

ワットサムプランまで片道23バーツ。

途中で乗り込んで来た係員がチケットのチェックをしていたので、下車するまでチケットは捨てずに持っておいた方がいい。

f:id:zhizuchangle:20181222181916j:plain

Samphran Wittya Schoolで下車しないといけないのに、二駅先の終点サムプランバスターミナル まで 乗り過ごしてしまった。

おかげで84番バスの写真をちゃんと取ることができたけど。

f:id:zhizuchangle:20181222182121j:plain

カンカン照りの中をとぼとぼ歩いて戻るとワットサムプランが見えてきた。

f:id:zhizuchangle:20181222183513j:plain

塔の周囲には曜日ごとの仏像が祀られている。

私は水曜日生まれなので、水曜日の仏像にお参りをする。

f:id:zhizuchangle:20181222183804j:plain

巨大なドラゴンの爪。

f:id:zhizuchangle:20181222184730j:plain

タイ版の金剛力士? 

f:id:zhizuchangle:20181222184853j:plain

龍の口や、持っている壺にコインが入ると願いが叶う(のだと思う)。

20バーツ札を1バーツ20枚に変えてもらって挑戦するが1枚も入らず。

f:id:zhizuchangle:20181222184928j:plain

塔の頂上にはドラゴンの胴体を通って上がっていく。

ひんやりしていてとても涼しい。

f:id:zhizuchangle:20181222185000j:plain

一番てっぺんで見上げたドラゴンの巨大な頭部。

階段が鉄製で日に照らされて熱くなっているので注意しよう。

足の裏をやけどして水泡ができてしまった。

f:id:zhizuchangle:20181222185305j:plain

その下の階には仏像が祀られている。

f:id:zhizuchangle:20181222185437j:plain

齢を召した信者の方にタイ語で話しかけられ「マイカオチャイ」と言うと身振り手振りでタンブンの仕方を教えてくれた。

花を捧げるのに「タオライ?」と聞くと「タオライコダーイ」と言われる。

そう言われると適正価格がわからないので辛い。

タクシー代をケチってきたのだから、ここは奮発しようと200バーツをお賽銭箱に入れた。

f:id:zhizuchangle:20181222185502j:plain

好きな花を選んで両手に掲げて仏像を拝む。

花の間に金箔の入った紙切れが5枚ほど入っている。 

f:id:zhizuchangle:20181222185516j:plain

花を供えると同時に、金箔を仏像の好きな場所に貼り付ける。
最後にもう一度ワイをしておしまい。

f:id:zhizuchangle:20181222185537j:plain

眼下に大仏が見える。

f:id:zhizuchangle:20181222185623j:plain

周囲に高い建物がないので、遠くまで見渡すことができる。

f:id:zhizuchangle:20181222185645j:plain

バス停がある側の方向。

f:id:zhizuchangle:20181225204411j:plain

f:id:zhizuchangle:20181222185711j:plain

ドラゴンタワー以外にも巨大な亀の構築物があった。

f:id:zhizuchangle:20181222185751j:plain

瓶の口から中に入ることができる。

f:id:zhizuchangle:20181222185807j:plain

f:id:zhizuchangle:20181222185829j:plain

こちらは地下に道が続いていて、仏陀の足跡の形をした石があった。

f:id:zhizuchangle:20181222185853j:plain

f:id:zhizuchangle:20181225204723j:plain

他にも観音像(?)があったり。

f:id:zhizuchangle:20181222185938j:plain

お寺の境内にたぶん信者の足跡を取った跡を取った散策コースがある。

f:id:zhizuchangle:20181223104143j:plain

日本の神社みたいに狛犬がいてなんか不気味な小屋。

f:id:zhizuchangle:20181222190013j:plain

よく見ると白骨が置かれていた (゚д゚)!

f:id:zhizuchangle:20181222190054j:plain

口が異形の不気味な人形。

f:id:zhizuchangle:20181222190037j:plain

十分堪能したのとお腹が空いてきたので市内に帰る。

バス停はお寺を出たすぐ左手のところにある。

f:id:zhizuchangle:20181222190132j:plain

久々に遠出をしてまあまあ楽しかった。

台湾や中国と違って言葉の問題があるけど、昔と違ってスマホがあるからハードルは思いっきり下がったなと思う。

f:id:zhizuchangle:20181225202319j:plain