早期リタイアして世捨て人になる

早期退職実現に向けて妄想するブログです

マクドナルドの無人オーダー機を使ってみた!

f:id:zhizuchangle:20170322203851j:plain

上海のマクドナルドには自助点餐机無人オーダー機)がある。

2015年11月に打浦橋のマクドに行ったときに、店員が横に立って使い方を説明していた。

当時、私はまだ微信支付も支付宝も使っていなかったので、銀聯カードで決済したが、店員の為すがままでイマイチ操作がわからなかった。

 

日本では昨年末にようやく試験導入されたようだ。

民泊にしても配車サービスにしても、日本の方が中国より遅れていると思うのは気のせいだろうか。

みんなで仲良く貧乏になろうとする日本と、我先に金持ちになろうとする中国の勢いの差を感じる。

buzz-plus.com

帰国する日、浦東空港に早く着いたので、マクドに行くと客が少なくて、誰も無人オーダー機を使っていなかった。

急かされる心配がないので、自分一人でできるか挑戦してみた。

注文する料理をタッチパネルで選択していく。

松屋やよい軒のタッチパネルを使っていれば特に迷わない。

f:id:zhizuchangle:20170322203852j:plain

決済方法は、微信や支付宝などのスマホ決済か銀聯カード

私は支付宝を使った。

f:id:zhizuchangle:20170322203855j:plain

支付宝の「付钱」を選択して二维码(QRコード)をスマホに表示し、無人オーダー機の左下の読み取り機にかざすして読み取らせる。

これがなかなか読み取ってくれなくて、くじけそうになった。

QRコードではなく、上のバーコードの方にずらしたらようやく読み取ってくれた。

f:id:zhizuchangle:20170322210909j:plain

スマホで決済が完了すると、機械からオーダー明細が出てくる。

自分の注文番号(2640)が書かれているので、店頭の電光掲示板に自分の番号が表示されたら料理を取りに行く。

f:id:zhizuchangle:20170322203858j:plain

タッチパネルで画像を見ながら選ぶので中国語が読めなくてもOK。

店頭で一言も中国語を話す必要もない。

中国語がわからないのに、スマホ決済できるかどうかは知らんけど ('ω')

 

滞在中、コンビニからレストラン、マッサージなど、スマホ決済ができるところは、どこでも支付宝を使って支払った。

日本で言えば、どこででもクレジットカードやデビッドカードで払う感じ。

履歴を見たら、何時にどこで何をしていたかわかって便利。

世の中が日々進歩して、ますます便利になっていくのを実感する。

f:id:zhizuchangle:20170322203901p:plain