おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

汎特希公寓 The Fantasy Apartment(花蓮)

f:id:zhizuchangle:20181018065904j:plain

3泊とも花蓮の汎特希公寓に泊った。

3泊で5,561.59元(約21,000円)なので、いつも泊っているランクより少し高い。

以前にAgodaの現地決済がわかりにくいと書いたが、ここは事前カード決済ではなくて、現地でのカード支払だった。

今はAgodaの表示が改善されていて、現地払いは予約ボタンに明示されている。

zhizuchangle.hatenablog.com

泊まる決め手となったのは立地で、花蓮駅から徒歩5分程度の場所にある。

付近には同じようにデザインのいいペンションが数軒あった。

駅前はもっとごちゃごちゃした印象があったが、なんせ前回来たのは20年も前のことだ。

1階のフロントの奥に飲み放題のインスタントコーヒーとミネラルウォーターのボトルがある。

f:id:zhizuchangle:20181017225021j:plain

 

ラウンドベッドの部屋を予約したら、こんなメルヘンチックな部屋が当たった💦

カーテンを全開にしたら、とても開放感があるのだが、2階の部屋で外から丸見えなのでずっと閉めたままにしておいた。

ベッドのそばにナイトテーブルがないのが少し不便。

f:id:zhizuchangle:20181017224717j:plain

普段、湯船につからず、シャワーしか使わないので、シャワースペースがなくて少し使いづらかった。

f:id:zhizuchangle:20181017224845j:plain

f:id:zhizuchangle:20181017224941j:plain

朝はフロントに誰もいなくて、チェックアウトするときはルームカードをカウンターの上に置いて立ち去ればいいと書いてあった。

深夜や早朝のフロントに誰もいないときはルームキーでロビーのドアを開く。

ということを、最後の朝、朝食を買って帰ってきたら自動ドアが開かなくて気付いた。

f:id:zhizuchangle:20181017224624j:plain

帰りは台北まで8時40分発の普悠瑪号に乗った(440元)。

台北まで2時間10分、電車だと確実に時間が読めるからいい。 

f:id:zhizuchangle:20181017224553j:plain

f:id:zhizuchangle:20181017224621j:plain