おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

洞爺湖 中島一周ハイキング

4月にきたとき、遊覧船が週末しか出てなくて中島に行けなかったので、今回周ろうと思っていた。

カモメあげるかっぱえびせんを買うためコンビニに寄っていたら、13時発の遊覧船に間に合わなかった💧

船の中でも売ってるけど200円もするのだ。

遊覧船乗り場のそばに魚のエサの自動販売機があって、フナもちゃんとわかっていてたむろしている。

かっぱえびせんを放ると、フナよりカモメの方がささっと寄ってきて食べてしまう。

30分間隔で二隻体制になっていた(1,420円)。

もう一隻はお城みたいな形をしているが、乗ったのはノーマルな形の羊蹄丸。

出発すると同時にかっぱえびせんをもって甲板へ。

どんどんカモメが飛んできて空にかっぱえびせんをなげると上手くキャッチする。

帰りの最終便は夕方の4時50分。

乗り遅れたら洒落にならない。

観音島と弁天島

小さな船着き場があって、何か建物が見えるのはお堂だろうか。

30分弱で中島に到着。

以前あった「洞爺森林博物館」はもう撤去されていた。

新しい「中島・湖の森博物館」で中島一周ハイキングの記帳をする。

どれぐらいかかるか尋ねると3時間ぐらいと言われた。

3時間もかかるなら最終便にギリギリではないか。

実は、以前にも一周したことがあるので、歩きながら以前のブログを読み返す。

だいたい2時間で回ったと書いてあるので一安心。

zhizuchangle.hatenablog.com

 

「風穴群」に手をかざすと本当にひんやりした風が吹いていた。

たぶん鹿に食べられないように囲っているのだと思う。

大平原に到着。

天気がよかったので、中島の山と山の間から羊蹄山が見えた。

「アカエゾマツコース終点」の立て札があるが、さらに進む。

ここから2時間なら最終便には余裕で間に合うが、もう30分早い便に乗ってホテルに早くチェックインしたい。

大平原からずっと下り坂で湖のほとりに下りてくる。

あとは出発地点まで湖に沿って歩いていく。

前回、この辺で💩を催して急ぎ足で回った。

小さな花がいっぱい落ちている。

ハクウンボクという花らしい。

道の真ん中にヘビ🐍がいた!

マムシがいっぱいいるという噂の饅頭島が見えてきた。

饅頭島まで一番近いところだと大して離れていない。

桟橋に城の形をしたエスポアール号が着いているのが見えた。

帰りはこの船に乗りたかったけど間に合わないな。

新しい「中島・湖の森博物館」ができる前はここから出られた。

今は「中島・湖の森博物館」の出入り口のみ。

3時間どころか、1時間半で周れた。

やっぱりエスポアール号には間に合わず。

学問の神様、藤原道真が祭られている。

2年前に初めてきたときからずっといる2匹の白鳥。

白鳥って渡り鳥だと北海道を旅行するようになって知ったけど、この白鳥は居ついているのだろうか?

白鳥はいったんつがいになったら、どちらかが死ぬまでずっと一緒らしい。

3時50分発のはずなのに、なかなか入ってこなかった。

中島にさよなら。

なんやかや2020年から毎年来てる。

観音島の沖にちいさな三重塔が見えた。

洞爺湖の温泉街に立ち並ぶホテル。