読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早期リタイアして世捨て人になる

早期退職実現に向けて妄想するブログです

半径600mの日常

f:id:zhizuchangle:20160422221412j:plain

電車に乗るのがあまり好きではありません。

ましてぎゅうぎゅう詰めの通勤電車に乗るのは大嫌いです。

1時間以上もかけて電車通勤している人は、毎日早起きして、満員電車でストレスを感じて、よく耐えられるなぁと思います。

 

私は会社から600mの距離に住んでいて、自転車で僅か5分です (-ω-)/

今の職場に異動になったとき、電車通勤したくないので、自転車通勤できる距離で家を探しました。

駅からの通勤ルートではないので、家の近くで会社の人に会うことはありません。

部屋を探すときに時は意識してませんでしたが、これは大きなメリットでした。

 

7時に起きてシャワーを浴び、7時半からスカイプで英会話、8時から会社に行く準備をして、8時15分に出て余裕で間に合います。

定時に帰るので、5時半までには家に着いています w

会社に縛られているのは、通勤時間含めて8.7時間です。

その上、有給完全消化なので、時短勤務者を除く全社員の中で、拘束時間が一番短いかも (^^)

 

帰宅してから寝るまで約6時間があるので、ほぼ毎日ジムに通っています。

ジムは自宅から300m、自転車で2、3分の距離です。

近いので雨が降っても苦になりません。

たいてい、2時間有酸素運動をします。

時間がもったいないので、運動しながら海外ドラマを見て勉強しています。

シャワーを浴びて帰るので、水道代、ガス代の節約になります。

 

スーパーは徒歩1分です。

土日に買いだめする必要がありません。

コンビニは目の前にあります。

歯医者、病院も自転車で5分以内です。

外食はあまりしませんが、徒歩圏内にたくさんあります。

 

これが私の半径600mの日常です。

半径600mを離れるのは、週1回の語学学校と海外に出かける時ぐらいです。

空港に行く時、最寄り駅まで徒歩3分です。

便利すぎてココから離れたくありません。

自分のマンションなら最高です。

 

実際、65歳まで働くと漠然と考えていた頃、近くの中古マンションを買うことも考えていました。

昼寝に帰れるよう、会社にもっと近いマンションに目星をつけていました。

もし買ったら65歳まで15年以上働くことが既定路線になります。

でも今は「嫌になったらいつでも辞められる」というオプションを残すため、買わないことにしました。