おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、毎日定時退社&有給フル消化の正社員から週休5日、日給5.6万円、半分在宅勤務のハケン社員になりました

アユタヤ 電車で日帰り観光

アユタヤには2回行ったことがあるらしい。

らしいというのは初めてタイに来た時、パンダパスに申し込んで、帰りは船にしたら退屈で、最後に宝石店に連れていかれたのを覚えている。

両親をタイに連れてきたときも、やはりパンダバスで行ったらしいが記憶にない。

この齢にしてようやくタイでの電車の乗り方を覚えたので、今度はアユタヤに電車で行くことにした。

ファランポーン駅からは普通電車しか出ていないそうななので、バンスー駅に向かう。

シーロムからファランポーン駅は近いけど、バンスー駅は地下鉄で何駅も乗らないといけないのがちょっと面倒くさい。

前日に、タイ鉄道(https://www.railway.co.th/Home/Index)のHPで時間と値段を調べておいた。

時間帯だけでなく、値段と座席も見れて便利。

駅員にこの画面を見せたらほとんど話さなくてすむ。

地下鉄バンスー駅からの連絡通路を上がったところにあった窓口でチケット購入。

どこで待てばいいのか聞いたけど、早口の英語で聞き取れず、わかったふりをして立ち去る💦

75番特急、8時45分発、9時41分着、2等席、2号車34番シート(241バーツ)。

改札を探す前にATMを探す。

タイのキャッシュカードは同行同支店でも県だか市だかが違ったら引出手数料がかかることをパタヤで引き出して学んだからである。

とにかくバカでかい駅で、ATMを探して歩き回る。

ようやく出入口付近で他行ATMを見つけた。

もう一つの特徴は、同一市内なら他行であっても無料ということ。

いつもバンコク銀行のATMを探してたけど、今回他行ATMで引きだしてみると、確かに手数料が引かれてなかった。

实践是检验真理的惟一标准。

改札までむちゃくちゃ遠くて、途中で駅員に尋ねてようやくたどり着いた。

チケットを買った場所は、この写真のずーっとずーっと先の突き当りである。

遠すぎやろ。

と、8時になったら国歌が鳴り響き、みんなが一斉に立ち上がった。

これ見るの、大昔に映画館(ターミネータ2を見たんじゃなかったか)で見たっきりで、街中でやってるのは初めてみた。

日本ももっと愛国教育に力を入れて、金融資産課税が導入されたら海外移住するとか、金融資産を海外に移すとかいう非国民の輩を増やさないようにしたほうがいい😎

ファランポーン駅はチケットがなくても勝手にプラットフォームに入れるけど、バンスー駅は改札チェックあり。

エレベータでプラットフォームにあがる。

バンスー駅はバカでかくて近代的ぽいのに電車はくたびれてる😝

エアコン付きだけど、けっこう年季の入った車輛。

窓側だったけど、進行方向と逆向きのシートだった。

何本もの巨大なコンクリートの線路が延びている。

向こうに見える赤い車輛は、ランシットまで並走しているレッドラインの車輛。

zhizuchangle.hatenablog.com

ドンムアン駅に泊まった。

アユタヤまでの線路沿いは田園風景はあんまりなくて、わりかし工場みたいなのも立っていた。

アユタヤに到着。

チャチュンサオ駅のマスコットはマンゴーを持ってたけど、アユタヤ駅のマスコットが持ってるのはワット・プラ・シーサンペットの3つの仏塔だろうか。

アユタヤの駅舎はとても小さい。

帰りに座れるのかどうかよくわからないので、先にチケットを買っておく。

15時59分発の112便か、16時37分発の136便ぐらいでいいかな。

112便の2等席は売り切れてた。

136便急行、16時37分発、17時55分着、2等席、10号車27番シート(61バーツ)。

同じ2等席なのに来るときの3分の1以下の値段なのは、特急じゃなく急行で、さらにエアコンがついてないからだろうか。

クソ暑いのでバテてもっと早く帰りたくなった場合は捨てて買いなおしてもいい。

駅舎外観はこんな感じ。

レンタサイクルでアユタヤ観光。

写真撮りまくりなので別記事で。

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com

暑くてもっと早くばてるかと思ったけど、ちょうど1時間前に戻ってきた。

スマホのバッテリーもちょうどなくなり、予備のスマホをリュックに入れておいてよかった。

10号車は一番後ろで、プラットフォームからはみ出ていたので、線路の上を歩いて乗り込んだ。

来た時の車輛のシートより立派?

が、暑い!空調がないから暑い!

炎天下を自転車で走ってシャツもズボンも汗と埃でゲチョゲチョで気持ち悪い。

新入社員の頃、まだ電車にエアコンがついてなくて、電車通勤は不快指数120%だったのを思い出した。

途中のChiang Rak駅でかなり長い間停車していた。

停車すると風が入ってこなくてクソ暑い・・・。

レッドライン終点のランシット駅。

ヤクルトの広告がある。

その右横のほうには「ヨ」を左回転させた形のビルが見える。

バンスー駅に到着。疲れたー。

方向感覚がわからなくなって、MRT乗り場がわからずウロウロ。

イヤホンをして音楽を聴きながら歩いていると、みんなの動きが停まった。

またまた18時の国歌斉唱だった。

今まで全然見れなかったのに、一日に2回も見れた。

国歌が鳴りやむと立ち止まっていた人たちは再び歩き出した。

スマホのおかげで、先達のブログを調べたり、地図を見たり、ネットで予約したり、海外旅行は圧倒的に便利になったとつくづく思った。

チェンマイとかも電車で行けるかな。

エアコン付きに限るけど。