おまけの会社員生活

おまけの会社員生活

五十而知天命、もういつ辞めてもOK、おまけの会社員生活に突入しました

Grab Taxi(グラブタクシー)をバンコクで使ってみた

f:id:zhizuchangle:20180506130445j:plain帰国のフライトが早朝便で、早朝6時前にホテルを出ないといけない。

BTSが動いている時間ならBTSとエアポートリンクを使って空港に行くが、始発では間に合わないのでタクシーを拾わないといけない。

ホテルがSoiの少し奥まったところにあり、タクシーがなかなか捕まらないことがあるので、初めてGrab Taxiを使ってみた。

同様の配車サービスアプリでは、中国の「滴滴出行」、台湾の「台灣大車隊 55688」を使ったことがある。

配車から乗車まで

出発地と行き先を入力する。 

f:id:zhizuchangle:20180506004356p:plain

ドンムアン空港スワンナプーム空港の出発ロビーは最初から登録されてあった。

上部に表示されるようお気に入り登録しておく。 

 f:id:zhizuchangle:20180506084553p:plain

車の種類を選択する。

空港からホテルに来るときは、メーター約300バーツ、高速75バーツ、空港出発時の利用料50バーツで、 チップを入れて450バーツを払った。

JustGrabやGrabCarだと421バーツで、高速代75バーツを足すと約500バーツと全然安くないので、Grab Taxiを利用することにした。

JustGrabやGrabCarは、画面に表示された固定料金で行ってくれて、その金額で決済されるのは分かる。

わからなかったのが、Grab Taxiを選択した時の決済方法。

固定料金ではなくメーター料金なので、メーターに表示された料金とアプリのカード決済がどのように連携されているのだろう?(後述)

滴滴出行のように自分でアプリ上でメーター金額を入れて決済するのかとも思ったが、Grab Taxiについて書かれたブログをいくつか見たが書かれていない。

f:id:zhizuchangle:20180506004400p:plain

車種を選んで「BOOK」を押すと、近くにいるGrab Taxiの中から探してくれる。

運転手から電話がかかってくることが多いらしいので、かかってきたらホテルのスタッフに代わってもらおうと思って、チェックアウト時にロビーで手配した。

早朝で車が少ないせいかすぐに決まらず、30秒ぐらいかかってようやくタクシーが見つかった。

乗車地点がホテルで明確だったためか、電話はかかってこなかった。

地図上でどこを走っているか表示されるので、ホテルの近くまで来たら外に出て、やってきたタクシーのナンバーが間違いないかチェックして乗車した。

f:id:zhizuchangle:20180506095119p:plain

下車時の決済と評価入力

高速道路に入るとき、高速代金75バーツは別途、現金で支払った。

空港に到着した後、どうやってアプリのカード決済と連携するのかと思ったら、運転手がスマホ上でメーター金額を入力しているようだった。

なるほど、乗客が金額を入力するんじゃなくて、運転手が入力するから、下車するときは全く何もしなくていいわけか。

メーターは確か265バーツだった気がするが、アプリで決済額を見ると290バーツだった。(理由は後述)

最後に、運転手の評価を☆5つで評価。 

f:id:zhizuchangle:20180506004421p:plain

登録したメールアドレス宛に領収書が送られてきた。

メーター料金より高かったのは、別途、利用手数料20バーツがかかっていたからだとわかって納得。

f:id:zhizuchangle:20180506195425p:plain 

使った感想

私の定宿から空港まで、野良タクシーだとメーターを使わずに高速代込みで500バーツ要求されることがよくあったし、メーター利用の場合も、空港へ行く時はチップを大目に払っていたので、400バーツは払っていた。

Grab Taxiを使うと、高速代を入れても365バーツなのでとても安く済んだ。

それに、ホテルでタクシーを呼んでもらうと、ホテル前のSoiを通るタクシーを呼び止めるだけなのでなかなかつかまらないことがあったが、アプリでタクシーを呼んだら周辺を走るGrab Taxiに通知が届くので手軽で簡単。

迎えにくるタクシーがどこを走っているかも確認できてとても便利。

今度からエアポートリンクを使わない時は、Grab Taxiを利用しようと思う。

来年久しぶりに行くフィリピンも公共交通機関が貧弱だし、ぼったくりタクシーが多いので、タイ以上に利用価値がありそうだ。