おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

1回目のコロナワクチン接種

f:id:zhizuchangle:20210709184848p:plain
北海道から帰ってくるとコロナワクチン接種の案内が届いていた。

3日にどうせ空いていないだろうと思いつつ、予約サイトを開いてみたら最寄りの会場が空いていた。

大阪市は世代別に予約可能日を設定していて、基礎疾患がある人とデブ以外はまだだけど、空いてるなら予約していいだろうとすぐに予約を入れた。

当日、通知メールに記載された時刻より少し早めに到着。

最初に検温、番号札を渡されて待合室で待機。

高齢者ばかりかと思いきや、案外、若い人も多い。

関西からオリンピックのボランティア?

私みたいにフライング?

番号を呼ばれたら、再び検温、予診票チェック、身分証確認、お薬手帳確認と3ヶ所ぐらい回ってから、医者の問診、最後にワクチン接種。

基礎疾患がなくても、門前払いになることはなかった。

正直者が馬鹿を見る世の中 (-ω-)/

接種後、2回目の接種日の予約をして、15分間待機したら帰宅。

ファイザーのワクチンだったので、2回目接種は3週間以降。

当日は打った肩が少し痛かったが2日目はもうなんともなし。

f:id:zhizuchangle:20210709072713p:plain

その後ワクチン不足により、12日以降の1回目接種予約は凍結されると知った。

ギリギリすべりこみセーフ!

まだ2回目難民になるかもしれないけど。

はやくワクチン証明書が発行される体制が整って、公共サービスや旅行、飲食店で活用されるようになるといいな。