おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

しまのやど れぶんしり(4泊目)泊まって正解!

民宿旅館サロベツを8時過ぎにチェックアウト。

稚内に行くにはそのまま北上したほうが近いけど、快適なドライブをしたいのでオロロンラインに戻る。

最初はどんより曇っていたが、次第に晴れてきた。

「こうほねの家」で一休み。

昨日は利尻富士がはっきり見えたのに、雲で全然見えない。

ちょっとした散策道があって海岸に出られる。

エゾカンゾウ

エゾスカシユリ

ノシャップ岬につくと、また曇っててなんも見えず。

フェリーターミナルの駐車場は有料なので、「サフィールホテル稚内」の向かいにある無料の駐車場に車を停める。

1936年に完成した北防波堤ドーム。

ギリシャ建築の柱みたいでかっこいい。

ちょっと距離があるが稚内フェリーターミナルまで歩く。

稚内から礼文島まで往復5,700円。

ここで11時10分出航で余裕で早く来たつもりが、10時30出航だったことに気づく。

利尻島行きのフェリーの時間と勘違いしていたのだった。

寄り道せずに早めに行ってよかった。

フェリーはガッラガラだった。

会社のメールが来てたので、フェリーの中でちょこっと仕事をする。

出航しのに気づかず、気づいたときはすでにだいぶ沖に出てた。

礼文島でお気に入りの宿は「ゲストハウスのんの」。

礼文島のホテルは素泊まりでも1万円以上する離島価格が多いけど、「ゲストハウスのんの」は4,500円と激安な上に、港から近い、無人で気楽、朝もシャワー可ということなし。

でも、6月に入ってから予約したので空いているわけもなく。

zhizuchangle.hatenablog.com

最初は日帰りしようかとも思ったが、天気が良くない場合に2日間観光できるよう1泊することにした。

ふだん使う楽天トラベルで「れぶんしり」が素泊まりで9,020円だった。

共同バス・トイレの素泊まりにしては高過ぎ。

るるぶだと8千円ちょっとだった。

さらに探して、海外旅行に行かなくなって久しく使っていないagodaで7,653円。

まあこれならといいかと妥協した。

外壁の文字が「旅館うきしま」になってるので、最初、気付かず通り過ぎた。

チェックインは16時からだったので、スーツケースを預けて桃岩展望台コースを歩きに行く。

稚内は晴れていたのに、礼文島に着いたら曇ってた。

桃岩も利尻富士も全く見えず。

ゆっくり歩いて16時前に帰ってきた。

6畳一間でテレビ、冷蔵庫あり。

角部屋だったので、隣の物音には悩まされずにすんだ。

晴れていたら正面に利尻富士が見えたはず。

風呂に入ったら外に食べに行くのが面倒になって、稚内セイコーマートで買っていたおにぎり3個を夕飯代わりにする。

昼も桃岩展望台でパンを食べただけで、今日は質素な食事。

共同洗面所。

風呂は2人でいっぱいな感じ。

朝はシャワーのみだが、シャワーが浴びれたら十分。

楽天トラベルより

保険をかけて泊まって正解!

翌日は快晴!