おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、毎日定時退社&有給フル消化の正社員から週休5日、日給5.6万円、半分在宅勤務のハケン社員になりました

埔里(南投)でパラグライダー体験!

授業が終わって帰っていると、昨日は曇っていたのに、空が晴れ渡っていた。

おまけにまた半袖シャツで十分な暖かさ。

先日、埔里に行ったときに見たパラグライダー(飛行傘)をやる絶好のチャンスではないかと思い、急いで家に帰って出かける準備をする。

台中駅に向かうバスの中で、Googleマップから、パラグライダー体験にチャットで連絡する。

Googleマップって、こんなチャットの機能もあるって初めて知った。

当日の問い合わせなので、ダメだったら大坑に行き先を変更するつもりだったが、無事予約が取れた。

埔里についてから昼ご飯を食べる時間がないだろうから、南投客運の干城駅の隣の「祖傳肉圓」で肉圓を購入(45元)。

バスの中で食べる。

まわりはモチモチしてて肉餡が入ってる。

前回と同じ11時15分発のバス。

また行くときは半額の48元だった(帰りは97元)。

埔里のバスターミナルに着いたので連絡すると、隣のケンタッキーの前で待つように連絡があり、マイクロバスが迎えに来た。

山のふもと(着陸する場所)で申込(2,900元/14,000円弱)。

また円が紙切れ化が進んで1元=4.7円になった。

パラグライダーの講習もやってて、授業料5万元とパラグライダー15万元で20万元(約100万円)ぐらいかかるらしい。

レベル3の資格になったら教練の指示を受けずに自由に飛べると言ってた。

しばらくして、後から来た二人のシンガポール人とまたマイクロバスに乗って、着陸地点から200mの高さにある山上の飛行地点に行く。

他の人が飛び立つところを見たかったので、先にシンガポール人に譲る。

台中は晴れ渡ってたのに、埔里は雲が出てきた。

サポータをつけて、ハーネスをつけて、ヘルメットを装着して待っていると、観光ツアーの一団なのか、20人ぐらいの台湾人がやってきた。

年配の台湾人に囲まれて、「これから飛ぶの?」とか聞かれて全く淀みなく答えてたのに「あなた、日本人でしょう?」と言われる😰

香港人シンガポール人とどこが違うのかわからないけど、ほぼ間違いなく日本人とばれる。

呼ばれて席をたつと「加油!」と声援を受けた💦

奥にギャラリーがいっぱい。

走りだすとパラグライダーが膨らんで前に進めなくなるが、踏ん張って前に駆ける。

前に飛んだ人は、右に左によろめいていた。

無事テイクオフ。

見送ってくれたギャラリーに手を振る。

埔里の街並みが眼下に広がる。

左手に自分が持ってきたInsta360、右手に貸してくれたGoPro。

パラグライダーの高さは、海抜900mぐらい、埔里の平地からだと300mぐらいの高さらしい。

先日訪れた「寶湖宮天地堂地母廟」の上空に行けるか尋ねると、パラグライダーを操作して見えるところまで行ってくれた。

高いから想像してたより小さく見えた。

最後はきりもみ状態で回転しながら一気に高度をさげるので、スリルがあってめっちゃ面白い。

足を上げて、お尻から着陸。

本当は10分だけど、ビデオの録画時間をみたら15分以上飛んでくれていた🤩

GoProで録画した動画とをスマホにコピーしてくれる。

また車でバスターミナルまで送ってくれるというが、Googleマップで見ると20分ぐらいの距離なので、ぶらぶら歩いて帰ることにする。

南投埔里 飛行傘 - Insta360

回り道してまた「18度C巧克力工房」にいく。

今回は、阿薩姆奶香、水蜜桃、レーズンの3セット(160元)。

ついでに生チョコレートの85%濃郁生巧克力と日式出雲抹茶生巧克力も購入(900元)。

85%濃郁生巧克力は明日学校にもっていってクラスメートと分けよう。

バスターミナルに行く途中の屋台でドーナツを購入。

餡なし、芋頭いり、紅豆入りの3つを買って夕飯代わり(58元)。

綺麗な夕焼けを撮影している人を撮影😜

台中駅に到着。

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com