おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円、半在宅勤務、有休フル消化のハケン社員になりました

パタヤパークタワーからタワージャンプ!

パタヤに来た一番の目的は、エロ活、パタヤタワーからのタワージャンプである。

『バカと煙は高いところへ上る』、怖いけど高いところ大好き。

おまけに最上階からワイヤーで宙ぶらりんになって降りることができる。

前々から一度やってみたかった。

ソンテウパタヤセカンドロードとサウスパタヤ通りの交差点に向かう。

たった10バーツ(40円)で手軽に乗れるのが便利だ。

右手にヒルトンパタヤが見える。

この日はまだグランデセンターポイントに泊まってた。

ジョムティエンビーチ往きのソンテウに乗り換える。

同じく10バーツ。

客が集まったら出発するようだ。

途中で下車して、パタヤパークを目指す。

カンカン照りでクソ暑い。

暑さに耐えきれず、麦わら帽子を買う。

たったの100バーツ!🤩

パタヤパークに到着。

これがパタヤパークタワー。

ググると55階建て170m。

左方向に延びているワイヤーが見えるが、もしかしてアレで降りてくるのか😱

チケット売り場で入場券を購入。

ワークパーミットがあるか聞かれた。

大昔の中国と同じで、外国人価格と現地人価格があるみたい。

ワークパーミットがあれば現地人価格なのだろう。

スカイシャトル、スピードシャトル、タワージャンプの3つのアトラクションがある。

もちろん、生身で宙ぶらりんのタワージャンプを選ぶ。

入場料はアトラクション込みで500バーツ(約2,000円)と意外に安い。

エレベータで55階にあがる。

入場券にフリードリンクがついているので、売店でオレンジジュースと交換した。

入場券を買うときに予想がついたが、ガッラガラで一人の観光客もいない。

パタヤに前回来たのは20年前なので、もうどんなだったか覚えてないけど、こんなに高層ビルは建ってなかったと思う。

地上にワイヤーが延びている。

これがタワージャンプのワイヤーだった。

パタヤパークにはプールもあって、プール方面にもワイヤーが延びている。

別のアトラクションのワイヤーと思われる。

パタヤビーチのほうは靄がかかっている。

南のほうはずっと海岸線が続いている。

後日、ジョムティエンビーチ往きのソンテウに乗って終点まで行ってみた。

階段で56階にあがる。

56階はガラスに覆われていないので、こっちで写真を撮ればよかった。

早速、タワージャンプの装具を身に着け、ジャンプ台に向かう。

こっからはInsta360で撮った動画からの画像。

ジャンプ台に登って下を見下ろすとやっぱ高ーい!😨

動画を見直すと「こわー!」と何回も言ってる💦

片手で上のレバーをもって、右足を離して、左足を離して、宙ぶらりんになる。

あとは頭の上にかかっているワイヤーに命を託すしかない。

自分の時に切れませんようにと祈る。

背中を押されて一瞬ふわっとしたら空中に投げ出されていた。

怖いと思ったのは、背中を押されるまで。

バンジージャンプと違って、ゆっくり2分かけて降りていくので、あとは怖くない。

ゆっくり眼下や周囲の景色を楽しめる。

Insta360で撮った動画から360度画像は作成できるが、Insta360のHPにアップロード、公開できないのが残念。

地上スタッフが何か言ってて、最初、聞き取れなかったが、「ポーズ」と言ってる。

降下しているところを写真にとって売ってる。

100バーツだったと思うが、Insta360で撮ってるから要らない。

念願のタワージャンプができて大満足。

せっかくここまで来たので、ドンタンビーチへ出てジョムティエンビーチまで歩く。

パタヤビーチもジョムティエンビーチも海はあまりきれいじゃない。

20年前にきたときは、ジョムティエンビーチでチェアを借りて、スルメかなんかを食べたと思う。

そのときは知人がいたからで、一人ビーチで海を見ながらゆったりくつろぐ趣味はない。

快適なホテルの自分の部屋でくつろぐほうがよっぽどいい。

公衆トイレは有料らしい。

そうこうするうちに連日のように雨が降り出した。

こんなこともあろうかと雨傘を持ってきててよかった。

やってきたソンテウに飛び乗る。

パタヤ市街に戻るころには土砂降り。

来るときに乗ったパタヤセカンドロードとサウスパタヤ通りの交差点が終点かと思ったら、グランデセンターポイントのほうまで行った。

たった10バーツでお得。

ホテルの辺りに来たときには雨は上がっていた。

zhizuchangle.hatenablog.com