おまけの会社員生活

おまけの会社員生活《ハケンの品格》

五十而知天命、正社員から週休5日、日給5万円のハケン社員になりました

定山渓 ぬくもりの宿ふる川 日帰り温泉

天気予報通り雨で、気温は10度前後。

寒い日は温泉に限るということで、じょうてつバスの温泉日帰りパック券(2,200円)をサッポロ割のクーポンを使って購入。

これまで「ホテルミリオーネ」と「豊平峡温泉」を利用したので、今回は「ぬくもりの宿ふる川」に行こうと思っていた。

ふる川の日帰り温泉は12時から午後3時までと、ほかの日帰り温泉に比べて営業時間が短い。

泊り客が利用する時間帯からは、日帰り客はお引き取りくださいということだと思う。

自分が泊り客なら、日帰り客はいないほうがいい。

かっぱライナーは前日に予約してないので、10時半の快速7に乗る。

行きのバスの中で、あまりの乗客の少なさに帰りのバスが気になる。

もしかっぱライナーが運行してなかったら、16時まで4時間も定山渓で時間をつぶさないといけない(赤字は土日祝のみの運行)。

かっぱライナーは1件も予約が入ってなかったら運休になるのだ。

以前、かっぱライナーに乗ろうと思って札幌駅に行ったら、誰の予約も入ってなくて運休だったことがある😓

「定山渓湯の街」で下車。

12時まで時間があるので定山源泉公園に行く。

じょうてつバスに電話して、かっぱライナーの運行状況を確認する。

14時のかっぱライナーは運休だが、15時の便はあるとのこと。

よかった、3時間ならなんとか時間をつぶせるだろう。

12時前にホテルに行く。

タオルセットは含まれてなくて、別途300円必要だった。

大浴場は3階建てで、1階が男風呂、2階が女風呂、3階が休憩ラウンジ。

男風呂と女風呂は時間か日で変わるのかもしれない。

内湯は2つで、一つは普通の浴槽。

ホテル公式HPより

もう一つは白く濁った高濃度水素温泉風呂。

アンチエイジングにいいらしい。

ホテル公式HPより

露天風呂は四方の1面だけが外気に面している。

高濃度水素温泉風呂も露天風呂も小さくて、三人も入るといっぱい。

でも、入浴しているのは私以外、一人か二人しかいなかった。

ホテル公式HPより

HPを見たとき、サウナと勘違いしていたが、蒸し風呂だった。

3時間もあるので、長湯をしてもあまりのぼせない蒸し風呂で時間をつぶす。

ホテル公式HPより

2時間近く温泉に浸かって、1時間は3階のラウンジで過ごす。

15時のかっぱライナーで市内に戻る。

すすきので下車して、ふたたび「焼肉ライク」へ。

大阪にもあるけど、スーパーで肉を買ってきて家で料理するほうが安いし手軽だから、こういう旅行のときじゃないと利用しない気がする。

前回と同じく、バラハラミ上ロース250g(1,550円)、ハラミ100g(620円)、追加でラム(580円)を頼んで2,750円。

ラムはやっぱクセがあって、普通の牛肉のほうがよかった。

zhizuchangle.hatenablog.com

zhizuchangle.hatenablog.com